HOME 教育状況公表 本日
⇒#319@物理量;

自由電子のランデg因子



自由電子のランデg因子の大綱となる 物理量は、自由電子のランデg因子です。

電子スピン共鳴ESR用いてスペクトル解析するときにファクター1)
g値は純粋に軌道運動によるものだけであればg=2.002319となるが物質の不対電子他の電子相互作用によりこの値からずれてくるそのg値2)のずれが物質特有のものであり物質電子3)状態知る重要な手がかりとなる4)5)6)7)8)
また分子間の相互作用など示すファクターして超微細結合定数9)がある

ESR電子スピン共鳴ラジカル
考書籍電子スピン共鳴10);電子スピンサイエンススピンテクノロジー入門11)

g値はじめとするESRの基礎や活性酸素についての入門講座である電子スピンサイエンス学会(SEST) ESR入門セミナー12)が開催されます



電子スピン共鳴装置
,JEOL RE-3X,,(,).

調整から数日後 1mM 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液 Mnマーカー無し 80℃、4mW、ヘマトクリット管で測定グラフ.

(1電子スピン共鳴装置
,JEOL RE-3X,,(,).
(2g値, (計算).
(3電子e-, = 0 g/mol, (化学種).
(4ESR測 > 標準試料 > g値の決定
大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(5 > g値
電子スピンサイエンス学会 監修, 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門, 日本学会事務センター, (2003).
(6 > g値の決定
山内 淳, 磁気共鳴-ESR -電子スピンの分光学-, サイエンス社, (2006).
(7ESRの > 共鳴条件-孤立電子の場合
大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(8調整から数日後 1mM 硫酸マンガン(Ⅱ)五水和物水溶液 Mnマーカー無し 80℃、4mW、ヘマトクリット管で測定グラフ.
(9超微細結合定数  [T(テスラ)].
(10) 大矢博昭, 山内淳著, 電子スピン共鳴 : 素材のミクロキャラクタリゼーション, 講談社, (1989).
(11電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門
電子スピンサイエンス学会 監修, 日本学会事務センター, (2003).
(12電子スピンサイエンス学会(SEST) 第2回ESR入門セミナー会議.

自由電子のランデg因子を求める計算式

自由電子のランデg因子の細目となる 物理量

化学種 の自由電子のランデg因子

材料 の自由電子のランデg因子

<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=319'>自由電子のランデg因子</a><a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Quantity/@Quantity.asp?nQuantityID=319'> <var>ge</var></a>〔<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Unit/@Unit.asp?nUnitID=34'>・</a>〕

物理量のテーブルを参照しています。 性状


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/