HOME 教育状況公表 本日
⇒#472@卒論;
2012 ( 2010 , 2011 , 2012 , ) 卒業論文

正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  08512119  本田 千秋

スラリー・バインダー関係 2010 2011 2012

卒論】正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)⇒#472@卒論;
正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
本田 千秋, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).



    電気化学炭素分散バインダー

    関連書籍

    ポリマー微粒子について

    コアシェル
    逆相コアシェル
    偏在
    多粒子複合
    内部架橋
    フィード
    中空
    多中空
    金平糖状
    偏平状

    出典:
    ポリマー微粒子について
    (中道敏彦. 図解入門 よくわかる顔料分散. 日刊工業新聞社, . ) 1)

    プロ濃度アドミタンス2)

     ミリングの効果

    先輩ふみとリチウムイオン二次電池正極用合材スラリーの評価法に関する研究3)ふじ合材スラリー中の炭素末端官能基と有機分子が分散性と乾燥過程に及ぼす影響4)かわだアルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果(仮)5)

    同輩ゆうき液晶セル配向膜を利用したと分散剤の評価(仮)6)しょうたアルミニウム集電体表面皮膜への有機物の吸着が接触抵抗へ及ぼす影響(仮)7)

    2012年度平成24卒業研究【2012年度(平成24)卒業研究】8)

    2011年度平成23卒業研究【2011年度(平成23)卒業研究】9)

    試料PTFE10)BLANK11)水系バインダーゴム【除却】水系バインダー(ゴム)12)

    BSラテクスブタジエンスチレンSBラテックス(ブタジエン/スチレン系)13)

    アルミニウムロールアルミニウム箔(ロール)14)チタン箔15)

    KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)

    装置

    ファンクションジェネレータ16)ポテンショスタット・ガルバノスタット17)

    測定EDLCのボルタモグラム18)

    本田,立…らは2012年にで開催されたにおいて集電体の洗浄と電池性能について報告しているアルミニウム集電体を洗浄する溶剤の種類とリチウムイオン二次電池の内部抵抗の関係19)

    本田,及…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52回電池討論会においてアルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類について報告しているアルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類20)

    ○本田,…らは2011年に横浜国立大学(横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5)で開催された電気化学会第78回大会においてリチウム電池サイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダー選択について報告しているリチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択21)

    関連講義

    卒業研究-電気化学2004,2010年度平成22卒業研究【2010年度(平成22)卒業研究】22)

    卒業研究-電気化学2004,溶剤系バインダー23)

    卒業研究-電気化学2004,EDLCのボルタモグラム24)

    卒業研究-電気化学2004,電位走査ボルタンメトリーLSV電位走査ボルタンメトリー(LSV)25)

    エネルギー変換化学特論,溶剤系バインダーと水系バインダー26)

    ファンクションジェネレータ
    ポテンショスタット・ガルバノスタット
    アルミニウム集電体を洗浄する溶剤の種類とリチウムイオン二次電池の内部抵抗の関係
    アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
    リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択


    緒言

    背景

    工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

    目的

    実験方法

    工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

    サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

    準備するもの

    サンプル 履歴

    作成手順

    消耗品履歴

    評価の方法

    装置使用履歴

    管理の方法

    管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。

    結果と考察

    物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

    論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

    研究ノート

    グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

    には図題(キャプション)や表題をつけます。 の 説明にはひとつの段落を使います。

    参考文献書籍雑誌口頭発表URL

    <li> <article> 本田 千秋. <q><cite> 正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮) </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2012. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=345'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=345</a>, (参照 <time datetime="2019-10-20">2019-10-20</time>). </article> </li>


    卒業論文 ©Copyright  2012   本田 千秋,  山形大学  All rights reserved.