⇒#350@学会;

リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果


小野寺 伸也菊池秀人本田 千秋立花 和宏仁科 辰夫, 第30回ARS弘前コンファレンス , 弘前パークホテル,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


学会】リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果⇒#350@学会;
リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果
小野寺伸也、菊池秀人、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,講演要旨集 (2013).



リチウムイオン次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果

卒論しんやは2015年にそれまでの研究正極内部抵抗から見るリチウムイオン次電池正極材料の最適な組み合わせというテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した正極内部抵抗から見るリチウムイオン二次電池正極材料の最適な組み合わせ1)

学会○小野寺伸也…らは2012年に公共の宿 おおとり荘 で開催された第29回ARS伊豆長岡コンファレンスにおいてリチウム電池集電体アルミニウムアンダーコート使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係について報告しているリチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係2)

物理量接触抵抗接触抵抗率ρcΩ·m²位相角φrad

材料カーボンナノチューブ3)



リチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係
○小野寺伸也、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第29回ARS伊豆長岡コンファレンス 講演要旨集 (2012).

(1正極内部抵抗から見るリチウムイオン二次電池正極材料の最適な組み合わせ
小野寺 伸也, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 修士論文 (2016).
(2リチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係
○小野寺伸也、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第29回ARS伊豆長岡コンファレンス 講演要旨集 (2012).
(3@ > 無機材料 > 炭素材料 > カーボンナノチューブ
カーボンナノチューブ, (材料).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/