🏠
🌡️ 📆 令和4年12月2日
戻る 進む ⇒#346@学会;

リチウムイオン二次電池充放電時の炭素材料中の異物金属粒子の溶解と析出による化学短絡


伊藤知之、高林哲、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫, 第40回炭素材料学会 , 京都教育文化センター,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


学会】リチウムイオン二次電池充放電時の炭素材料中の異物金属粒子の溶解と析出による化学短絡⇒#346@学会;
リチウムイオン二次電池充放電時の炭素材料中の異物金属粒子の溶解と析出による化学短絡
伊藤知之、高林哲、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第40回炭素材料学会 講演要旨集, p.137 (2013).


金属粒子

物理短絡→大きさが大きいものNG

化学短絡→量が多いものNG

正極セパレータ|負極

 セパレータ上に析出した鉄の写真
©Copyright 2021  all rights reserved.

金属の導通

Fe,Cu,Zn,Cr,(Ni)

酸化鉄と炭素の接触界面で鉄イオン脱離し溶解が起きる

試料

アルミニウム粉末1)

ステンレス線 SUS3042)

セパレータ3)

材料四酸化三鉄酸化鉄

卒論ともゆきは2015年にそれまでの研究エネルギーデバイス材料の使われる誘電体の構造が電気的物性に与える影響いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したエネルギーデバイスに使われる非導電性材料の構造がその電気的性能に与える影響4)

卒論てつは2014年にそれまでの研究炭素材料中の鉄微粒子が電池の接触抵抗に及ぼす影響いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した電解液中に溶解したFeイオンが負極上に析出する際にセパレータが及ぼす影響5)

講義ノートセパレータ隔膜6)

> 受付番号 PR022 

>

> 発表種別 オーラル 

> 分野

> E電気化学(次電池関連) 

> タイトル リチウムイオン次電池充放電時の炭素材料中の異物金属粒子

の溶解と析出による化学短絡 

> キーード 化学短絡 

> 異物金属粒子 

> 電池 

>  

>  

>

> 発表要旨

> リチウムイオン次電池充放電時の炭素材料中に含まれる異物金属粒子の溶解

と析出による化学短絡について調べ出ること目的とした

> 析出確認するためにビーカーセル測定行った異物金属粒子は銅

コバルトそれぞれ炭素材料中に混ぜ電極作成し充放電おこない

金属の溶解と析出行った銅の析出の確認は炎色反応により行い緑色の炎

目視で確認した 

>

卒論ともゆきは2015年にそれまでの研究エネルギーデバイス材料の使われる誘電体の構造が電気的物性に与える影響いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したエネルギーデバイスに使われる非導電性材料の構造がその電気的性能に与える影響7)



第40回炭素材料学会
20131203
リチウムイオン二次電池充放電時の炭素材料中の異物金属粒子の溶解と析出による化学短絡
伊藤知之、高林哲、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
伊藤知之、高林哲、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=346'> <q><cite> リチウムイオン二次電池充放電時の炭素材料中の異物金属粒子の溶解と析出による化学短絡 </q></cite> </a>.
第40回炭素材料学会, 京都教育文化センター. 2013.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=346:szRefType="meeting":szRefHeadLine="伊藤知之、高林哲、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第40回炭素材料学会(2013)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=346


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.