⇒#884

析出

溶けている物質固体になって分離されることです反対に物質液体になって混合されること溶解といいます溶液の温度溶解度以下に下げたり電気分解析出させることができます1)2)3)電鋳めっきなどのウェットプロセス応用されます4)

ドライプロセスでは気相からの析出となります5)

核生成の仕方でウィスカーになったりエピタキシャルになったりします基板に均析出させる方が技術的に困難です


分解電圧 ~速度論的取り扱い,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).

電気分解,電流と電圧の測定
遠藤 昌敏, 無機・分析化学基礎実験, 講義ノート, (2007).

(1水溶液電解
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(2分解電圧 ~速度論的取り扱い,電池の起電力と分解電圧
遠藤 昌敏, 無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2008).
(3電気分解,電流と電圧の測定
遠藤 昌敏, 無機・分析化学基礎実験, 講義ノート, (2007).
(4ウェットプロセス
表面技術協会, 表面処理工学 基礎と応用, 日刊工業新聞社, (2000).
(5ドライプロセス
表面技術協会, 表面処理工学 基礎と応用, 日刊工業新聞社, (2000).