⇒#384

短絡

ショート。プラスとマイナスが電気抵抗なしに直接つながること。電池の外部で短絡すると電池が過熱して破裂する恐れがあり危険です。電池の内部では短絡しないようにアノードカソードの間に隔膜があるのが普通です。