🏠
🌡️ 📆 令和5年2月3日

電気抵抗

1.

通常の物質の抵抗では、電圧=電流×抵抗はオームの法則として知られます。抵抗率は「電気抵抗×面積÷長さ」で与えられます。電気抵抗の小さな物質を導電体と言います。

電気抵抗を利用した受動素子を抵抗器といいます。
一般に物質の電気抵抗について金属は温度が上がると電気抵抗が大きくなりますが、半導体は逆に電気抵抗が小さくなります。

電気抵抗が非常に大きい物質を絶縁体といいます。

通常の物質の電気抵抗のほか、接触抵抗には、トンネル抵抗、界面抵抗、境界抵抗、皮膜抵抗、集中抵抗などがある。

電池の内部抵抗には、接触抵抗や溶液抵抗などがあります。

電気化学では、電荷移動抵抗、拡散抵抗などもよく使われます。

酸化皮膜、硫化皮膜、汚染皮膜は絶縁性または高抵抗性を示す。
しかし薄い場合はトンネル効果によってトンネル抵抗のある電気伝導性
を示す。このような抵抗を境界抵抗(皮膜抵抗)という。

一方接触力が十分大きい場合、皮膜は機械的に破壊され接触面は金属同士が接触します。しかし、真実接触面積は接点全面積に対して非常に小さいのでそこに流れる電流がせばめられ、抵抗が生ずる。この抵抗を集中抵抗という。

交流回路の場合はインピーダンス1)として一般的に取り扱います。

JIS C0301ではぎざぎざだった抵抗器の記号が新JIS C0617 で箱に変わりましたでした。

電流と電気抵抗2)

電圧―電流曲線3)

(1インピーダンス(Impedance [オーム].
(2電気と磁 > é›»æµã¨é›»æ°—抵抗
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(3電圧―電流曲線,電圧,電流, (プロット).