⇒#315@学会;

有機エレクトロニクス用有機半導体材料を溶解した溶液の導電率と濃度の関係


伊藤 知之佐々木 優本田 千秋立花 和宏仁科 辰夫大場好弘, 平成24年度 化学系学協会東北大会 , ,


【学会】有機エレクトロニクス用有機半導体材料を溶解した溶液の導電率と濃度の関係⇒#315@学会;
有機エレクトロニクス用有機半導体材料を溶解した溶液の導電率と濃度の関係
○伊藤知之, 佐々木優, 本田千秋, 立花和宏, 仁科辰夫, 大場好弘,平成24年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2012).



有機半導体溶液の分極挙動の濃度依存性
有機化合物の半導体特性の迅速評価法
有機半導体の迅速評価法

○森田 茉季…らは2011年に〒464-0813 名古屋種区仁座町名古屋大学東山キャンパス開催された第38回炭素材料学会において液晶場プローブしたリチウム次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析について報告している1)

誘電分極

材料クロロホルム2)

卒論ともゆきは2013年にそれまでの研究半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した3)

4T4)6T5)

物理量ゲート電圧6)

ともゆきは2013年にそれまでの研究半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した7)

関連講義卒業研究-電気化学2004,化学学協会連合東北地方大会8)

関連書籍エレクトロニクスと電気化学9)

卒論ともゆきは2015年にそれまでの研究エネルギーデバイス材料の使われる誘電体の構造が電気的物性に与える影響いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した10)



液晶場をプローブとしたリチウム二次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析
○森田 茉季, 立花 和宏, 仁科 辰夫, 米竹 孝一郎,講演要旨集 (2011).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

(1液晶場をプローブとしたリチウム二次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析
○森田 茉季, 立花 和宏, 仁科 辰夫, 米竹 孝一郎,講演要旨集 (2011).
(2@ > 有機材料 > クロロホルム
クロロホルムChloroform, (材料).
(3半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用
伊藤 知之, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(44T, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2012).
(56T, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2012).
(6ゲート電圧 Vg / V.
(7半導体の簡便迅速評価とそのエネルギーデバイスへの応用
伊藤 知之, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(8結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(9 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(10エネルギーデバイス材料の使われる誘電体の構造が電気的物性に与える影響(仮)
伊藤 知之, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 修士論文 (1).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/