HOME 教育状況公表 令和4年9月30日
戻る 進む ⇒#328@学会;

リチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係


○小野寺伸也、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫, 第29回ARS伊豆長岡コンファレンス , 公共の宿 おおとり荘 ,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


学会】リチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係⇒#328@学会;
リチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係
○小野寺伸也、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第29回ARS伊豆長岡コンファレンス 講演要旨集 (2012).


リチウム電池集電体アルミニウムアンダーコート使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係

○小野寺伸也本田立花和宏仁科辰夫

炭素材料の種類で電池内部抵抗は大幅に変化した官能基少ない炭素材料は表面の極性が小さく接触抵抗低減させると考えられる

 炭素アンダーコートの種類を変えた電池の内部抵抗
電池式炭素材料サンプル内部抵抗
アセブラ
アセチレンブラック②

材料ファーネスブラック

材料アセチレンブラック

材料グラファイト

材料カーボンナノチューブ

学会小野寺伸也…らは2013年に弘前パークホテルで開催された第30回ARS弘前コンファレンスにおいてリチウムイオン次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果について報告しているリチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果1)

学会C. Hon…らは2012年にで開催された2012年電気化学秋季大会においてThe effect of the active material of lithium battery to the contact resistance between carbon and aluminum current collectorについて報告しているThe effect of the active material of lithium battery to the contact resistance between carbon and aluminum current collector2)

リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果
The effect of the active material of lithium battery to the contact resistance between carbon and aluminum current collector


第29回ARS伊豆長岡コンファレンス
20121101
リチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係
○小野寺伸也、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
○小野寺伸也、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=328'> <q><cite> リチウム電池集電体アルミニウムのアンダーコートに使う炭素材料の種類と電池内部抵抗の関係 </q></cite> </a>.
第29回ARS伊豆長岡コンファレンス, 公共の宿 おおとり荘 . 2012.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=328:szRefType="meeting":szRefHeadLine="○小野寺伸也、本田千秋、立花和宏、仁科辰夫,第29回ARS伊豆長岡コンファレンス(2012)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=328


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.