HOME 教育状況公表 本日
⇒#1817@講義;

  溶剤系バインダー

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(溶剤系バインダー)の親単元は バインダ です。

初版

NMPなどの非水溶媒溶剤使ったバインダーNMPアセチレンブラグラフェンシート吸着しやすく乾燥しても残っていることがあります

材料

結着材

KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)

試料

Poly(pyromellitic dianhydride-co-4,4'-oxydianiline), amic acid, ca. 15 wt. % solution in NMPヒドリド1)

ポリフッ化ビニリデン2)

1-メチル-2-ピロリドン3)

物理量

誘電率 ε 〔F/m

ちあきは2012年にそれまでの研究正極集電体へのバインダー接触電池信頼性いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)4)

○藤田圭介,…らは2010年に愛知県産業労働センター〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38開催された第51回電池討論会においてXRD使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析について報告しているXRDを使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析5)

関連書籍


出典:
バインダー
(金村聖志. 自動車用リチウムイオン電池. 日刊工業新聞社, . ) 6)

関連講義

エネルギー変換化学特論,高分子材料リチウム電池バインダーセパレータ働き~高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~(2011_H23)7)

卒業研究-電気化学2004,スラリー・バインダー関係8)

XRDを使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 溶剤系バインダー </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1817'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1817 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-23">2019-8-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1817

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.