HOME 教育状況公表 本日
⇒#322@学会;

交流インピーダンス法による活物質の種類がアルミニウム集電体の接触抵抗に及ぼす影響の解析


○本田千秋, 小野寺伸也, 大瀬公正, 立花和宏, 仁科辰夫, 第53回電池討論会 , ヒルトン福岡シーホーク,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp



交流インピーダンス法による活物質の種類がアルミニウム集電体の接触抵抗に及ぼす影響の解析

物理量電子親和力1)

ちあきは2014年にそれまでの研究固体表面双極子モーメント抑制によるリチウム電池集電体炭素材料界面接触抵抗低減というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した2)


(1電子親和力 χ / J/mol.
(2固体表面双極子モーメントの抑制によるリチウム電池集電体と炭素材料界面の接触抵抗の低減(仮)
本田千秋, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2014).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=322

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.