🏠
🌡️ 📆 令和6年6月20日
戻る 進む ⇒#341@学会;

急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析


西谷諒太,伊藤知之,本田千秋,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫, 平成25年度 化学系学協会東北大会 , 東北大学川内北キャンパス,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


【学会】急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析⇒#341@学会;
急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析
西谷諒太,伊藤知之,本田千秋,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (1).


XRDIRSEMXPS

試料マンガンリチウム1)

測定装置20130419検討中にはFT-IR(FT-720,HORIBA)用いた2)

卒論りょうたは2014年にそれまでの研究急速充放電可能なマンガンリチウム表面分析いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した3)

卒論ともゆきは2015年にそれまでの研究エネルギーデバイス材料の使われる誘電体の構造が電気的物性に与える影響いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した4)



FT-IR
,FT-720,,(HORIBA,).

(1マンガン酸リチウム, 9号館:仁科辰夫研究室, 仁科 辰夫, (2012).
(2FT-IR
,FT-720,,(HORIBA,).
(3赤外ATR法による粉末固体マンガン酸リチウムの表面官能基の同定
西谷諒太, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(4エネルギーデバイス材料の使われる誘電体の構造が電気的物性に与える影響(仮)
伊藤 知之, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 修士論文 (1).


平成25年度 化学系学協会東北大会
20130928
急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析
西谷諒太,伊藤知之,本田千秋,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫

  1 学会発表
口頭発表( 講演
表面技術協会秋2023 riku kenya
  1. 構成 1 )
  2. 題目
  3. カテゴリーの設定、オーラルか?ポスターか?
  4. 講演申し込み

    著者の確認:単著か共著か?共著の場合は、役割分担を明記。ギフトオーサーシップやゴーストオーサーシップは 研究不正 です。 、指示抄録

  5. 参加申し込み 🔷 旅程の作成、宿泊、交通手配、パスポート、クレカ
  6. 講演 草案 (スライド草稿、台本草稿)
  7. 要旨提出

    講演要旨なので、講演スライドの草案をもとに作ります。

ポスター発表(ショートプレゼンあり、なし)

論文講演は、 著作物であり、 知的財産です。

電気化学会発表の著作権規定

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
西谷諒太,伊藤知之,本田千秋,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=341'> <q><cite> 急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析 </q></cite> </a>.
平成25年度 化学系学協会東北大会, 東北大学川内北キャンパス. 2013.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=341:szRefType="meeting":szRefHeadLine="西谷諒太,伊藤知之,本田千秋,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,平成25年度 化学系学協会東北大会(2013)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=341
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.