HOME 教育状況公表 令和4年1月23日
明日からやろう!インピーダンス測定・解析

4. インピーダンス測定のさらなる応用


files

4.1 数式よ、さようなら-数式処理ソフトの活用

http://maxima.sourceforge.net/ https://www.wolframalpha.com/
正弦波(サイン波)(440Hz)

この音声はマセマティカで作成したものです。

フーリエ変換はマセマティカでも表計算ソフトでもやれます。 大切なのはフーリエ変換で何を得たいのか? インピーダンスで何を得たいのか? 塩分濃度を調べて減塩したいのか?それとも体脂肪率を調べてダイエットしたいのか? その目標が大切なのです。


4.2 合材スラリーの分散度-製造工程管理への応用-

HIOKIのシステム
290
スラリー乾燥過程のアドミタンス
©F.Sato

352
スラリー導電ネットワーク形成
©F.Sato

4.3 電池の容量減少と内部抵抗上昇-劣化状態把握と寿命評価への応用-

充放電の上限電圧と下限電圧の例

  1   リチウムイオン電池 充放電の上限電圧と下限電圧の例
電圧 内容
危険 5.00 安全弁解放
4.25 保護回路作動電圧
注意 4.20 使用上限電圧
適性 4.15 カットオフ上限電圧
3.30 カットオフ下限電圧
注意 3.00 使用下限電圧
危険 2.40 保護回路作動電圧
🖱 電池の内部抵抗と充放電曲線

0.01V違うと、副反応のリスクが急激に増大します。 特に ADCの精度が低いと危険です。


電池の内部抵抗と充放電曲線

  1 198 🖱 電池の内部抵抗と充放電曲線
©K.Tachibana
13.エネルギー化学 1217 1224

4.4 組電池の不良セル検出-バッテリーマネジメントシステムへの応用-

バッテリー、セル、電極

158
バッテリー、セル、電極
©K.Tachibana

ストリングの接続には、モノポーラとバイポーラがあります。

15. エネルギー変換化学特論 1019 1217 1224

バッテリー、ストリング、セルに流れる電流

161
バッテリー、ストリング、セルに流れる電流
©K.Tachibana
15. エネルギー変換化学特論 1019 1217

バッテリー、ストリング、セルの電圧

162
バッテリー、ストリング、セルの電圧
©K.Tachibana
15. エネルギー変換化学特論 1019 1217

4.5 電池の遠隔監視-センサーとIoTの活用-

  2  電池の状態
項目
残量
電圧
内部抵抗
温度

4.6 みんなでやろう!AI解析-ビッグデータの収集と機械学習の活用-

フーリエ変換(FFT)と機械学習(AI)に共通するのは行列演算

  2 171 フーリエ変換(FFT)と機械学習(AI)に共通するのは行列演算
©K.Tachibana
11.情報処理概論 1224 1217 1210 0205

人工知能(AI)はいろいろなジャンルがあるが、 今言われているのは、機械学習とディープラーニングと言われるもの。 ビッグデータの存在が前提となる。 ビッグデータを扱うのに配列(行列)の演算をやらないとならない。

数式 例えば数学の知識が必要となるのは、ゲーム開発や人工知能、統計学などで、とても限られています。そのため、文系でもプログラミング習得を諦める必要は全くありません。

tensorflow.org 文系
明日からやろう!インピーダンス測定・解析