🏠
🌡️ 📆 令和6年4月23日
⇒#2608@材料;

🏞 海水


【材料】海水⇒#2608@材料;

海水の大綱となる 材料は、水資源です。

👨‍🏫 講義ノート :
表   1 材料の諸元
項目 内容
名称 海水
危険性
操作
生成物

海水は海の水。場所によって濃度が若干かわります。食塩および他の塩の水溶液。食塩と水の混合物。

イオン交換膜法

海水+電気エネルギー E ã€”J〕=塩化ナトリウム(食塩)+水資源

【材料】天然資源

【化学種】水(H2O)

エネルギー化学 では、 「材料の電気伝導-化学結合の種類-」について 述べられています 1)。

【関連講義】無機工業化学,2)

3)

4)


物性

表物性・特性
id物理量数値
21密度/kg/m³1010
22密度/kg/m³1050

🧪 この 材料 海水 の🧪成分( 化学種 )

この 材料 海水の細目

サンプル ( 内部資料 )

🚂 製品

材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


物質の分類

物質 純物質 単体 化合物 混合物 均一混合物 不均一混合物
図   1 *  ç‰©è³ªã®åˆ†é¡ž
03 エネルギー化学 01 無機工業化学 08 化学・バイオ工学英語 05 卒業研究

物質は、 温度や圧力 によって、様々な状態をとります。 物質が固体、液体、気体、 超臨界流体のいずれの 状態を示した図を 状態図と言います。 分子結晶は、昇華しやすく、 イオン結晶は、融点や沸点が高いです。


表   2 高圧ガス容器
高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料
/製法
🚂 製品
/用途
🏞 酸素ガス 酸素 🏞 空気 製鉄
🏞 水素ガス 水素 燃 LNG
🏞 液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
🏞 液化アンモニアガス アンモニア 燃 毒 🏞 空気
🏞 液化塩素ガス 塩素 毒 🏞 海水 /電解
アセチレンガス アセチレン 燃 溶接
可燃性ガス プロパン 燃 🏞 石油 🚂 燃料
可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス 燃 毒
毒性ガス 毒性ガス 毒
その他のガス アルゴン

事故が起きた後で調査をしてみると、「無理をした」「油断をした」「 知らなかった」「教わらなかった」など、安全に対する心構えの不備な事例が意外に多い 2 ) 📥 。

ボンベの 色 や文字の 色 は、高圧ガス保安法で定められています。 * 誤った色使いは、事故の原因になります。 *

可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *

化学工業では、気体を圧縮して高圧ガスとして使います。 冷蔵庫やエアコンの冷媒や燃料のLPガスも高圧ガスです 3 ) 。

🔷 高圧ガスの取り扱い

工業化学の原料となる資源

表   3 工業化学 の原料となる 資源
分野 相 ( 状態 ) 🏞 原料 🚂 製品
無機工業化学 気体 🏞 空気 アンモニア・ 🚂 肥料・酸素
液体 🏞 水資源 ・ 🏞 海水 食塩・ 苛性ソーダ・ 塩素
固体 鉱物 金属( 🚂 鉄鋼
)・セラミックス
有機工業化学 気体 LNG 水素・エチレン
液体 🏞 石油 エチレン・酢酸ビニル
固体 石炭 鉄鋼

天然資源 には、物質資源、 エネルギー資源、情報資源があります。


固体の材料

表   4 41 固体の 材料
金属材料 非金属材料 複合材料
鉄鋼材料 非鉄金属材料 セラミックス
ガラス
高分子
ゴム
炭素鋼
合金鋼
鋳鉄
鋳鋼
金・銀 ・ 銅
アルミニウム
マグネシウム
ニッケル
チタン
亜鉛
🏞 石材
🏞 木材 ・皮・ 繊維
繊維強化プラスチック
繊維強化金属
鉄筋コンクリート
金属強化セラミックス

材料は、その材質の違いにより金属材料と非金属材料に分類されます 4 ) 。

狭い意味で、材料といったとき、常温常圧で固体の 状態の 物質を指すことがあります。

純物質としての 金属は、柔らかすぎるので、混合物の合金が使われます。広い意味での混合物の固体材料を複合材料と呼ぶことがあります。


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?nSpecimenID=2608
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.