HOME 教育状況公表 本日
⇒#3021@材料;

W-7塩酸塩



W-7塩酸塩の大綱となる 材料は、@です。

保存条件冷蔵保存である
蒸留水5mM程度の濃度溶解pH4保存液とします
使用時は緩衝液希釈して使用する
保存液は℃で月以上安定である
DMSO1)エタノール2)50 エタノール3)溶液溶ける


(1ジメチルスルホキシドDimethyl sulfoxide(CH3)2SO, (化学種).
(2エタノールCH3CH2OH, (化学種).
(3WaterH2O, (化学種).

この 材料 W-7塩酸塩 の成分( 化学種

この 材料 W-7塩酸塩の細目

物性

サンプル 内部資料

  • w-7塩酸塩キャビネット(棚)の名称
  • W-7キャビネット(棚)の名称
  • W7 hydrochlorideキャビネット(棚)の名称
  • W-7キャビネット(棚)の名称
  • Calmodulin Antagonist W-7キャビネット(棚)の名称
  • Calmodulin Antagonist W-7キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3021

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.