1キロワットアワーで作れるモノ

身近な工業製品をひとつ選んで、それに使われる材料が、 1キロワットアワーのエネルギーで、どれくらい作れるか調べてみましょう。 そして、その計算結果について議論してみましょう。

例えば、身近な工業製品としてアルミホイルを選んだとします。 それに使われる材料はアルミニウムです。

「現代の電気化学」の表5.4によれば、アルミニウム1トン製造するのに13400キロワットアワーと書いてあります。 ということは、1キロワットアワーでは、75gということになります。75gは、アルミ缶にして5本分、一円玉にして75枚です。 焼肉にして半人前です。 つまり、1キロワットアワーのエネルギーは、アルミニウム換算にして焼肉半人前ということです。

アルミニウムは電気エネルギーの塊ですね!

もちろん、エネルギーには、電気エネルギーのほかにも、熱エネルギーや光エネルギーがあります。 電気が苦手と言う人は、電気エネルギー以外で計算してもかまいません。 でも、光エネルギーで生産される材料なんてあるのかな・・・?

ちなみに1キロワットアワーで、環境に排出される二酸化炭素は、電力だけで500g。 くわえてホールエルー法では、アルミニウム1gに対して、2.5gの二酸化炭素が排出されるから さらに190gが上乗せされて690g。75gのアルミニウムで690gの二酸化炭素を排出するなんて、 これはもう環境破壊の権化。

脱炭素社会へ向けて、 アルミニウムで作られる飛行機やめますか?新幹線やめますか?送電線もやめますか? さあ、議論してみましょう。