HOME 教育状況公表 本日
⇒#3183@材料;

水分散系バインダー


材料】水分散系バインダー⇒#3183@材料;

水分散系バインダーの大綱となる 材料は、ディスパージョン(分散液)です。

溶剤バインダーバインダー較べて環境負荷が優しい炭素材料系表面の被覆率が小さいなどの特徴持ちます反面レオロジー制御困難水に弱い活物質などに不適などの欠点があります

バインダーの比較1)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,溶剤系バインダー2)
卒業研究-電気化学2004,分散系バインダー3)

材料炭素材料スラリー結着材

学会レイリー散乱を使った比色分析によるリチウム二次電池正極活物質の固体表面極性の評価4)



実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 溶剤系バインダー,バインダ
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 分散系バインダー,バインダ
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

レイリー散乱を使った比色分析によるリチウム二次電池正極活物質の固体表面極性の評価
鈴木千晶,伊藤一海,高橋毅,伊藤知之,伊藤智博, 立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2014).

この 材料 水分散系バインダー の成分( 化学種

この 材料 水分散系バインダーの細目

物性

サンプル 内部資料

  • バインダー887 ' 9号館:仁科辰夫研究室
  • リチウムイオン電池用水系バインダーszCabinet
  • リチウムイオン電池用水系バインダー0 '
  • バインダー887 ' 9号館:仁科辰夫研究室炭素スラリー置き場
  • NMC3号館3301キャビネット(棚)名?
  • リン酸鉄リチウム887キャビネット(棚)名?
  • バインダー887キャビネット(棚)名?
  • バインダー部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • Binder No.2, 4-2886キャビネット(棚)の名称
  • フッ素系バインダーキャビネット(棚)の名称
  • RUN 4-2キャビネット(棚)の名称
  • RUN 4-1キャビネット(棚)の名称
  • RUN 3-2キャビネット(棚)の名称
  • RUN 3-1キャビネット(棚)の名称
  • RUN 2-2キャビネット(棚)の名称
  • RUN 2-1キャビネット(棚)の名称
  • RUN 1-2キャビネット(棚)の名称
  • RUN 1-1キャビネット(棚)の名称
  • Binder No.1 4-1キャビネット(棚)の名称
  • Binder No.3, 4-3キャビネット(棚)の名称
  • 2-EHA+MAA+HDA shellバインダーキャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3183

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.