HOME 教育状況公表 令和4年5月24日
⇒#3048@材料;

🏞 有機電解液


材料】有機電解液⇒#3048@材料;

有機電解液の大綱となる 材料は、電解液です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 有機電解液
危険性

有機溶媒使った電解液

プロピレンカーボネートなどに電解質溶かします

全ての空隙に電解液が浸透したとすれば乾燥プレス電解液浸漬後の電極のイオン抵抗空隙率 x 〔比例します

材料有機材料有機溶媒

エチレンカーボネートECエチレンカーボネート1)

ジメチルカーボネDMCートジメチルカーボネート2)

 電気化学で使われる有機溶媒

 溶媒の物理的性質

関連講義

エネルギー変換化学特論,有機材料リチウム電池有機電解液働き~有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~(2011_H23)3)

エネルギー変換化学特論,有機化合物有機材料~リチウム電池の電解液~4)

関連書籍非水溶液の電気化学目次

非水溶液の電気化学目次

 電気化学からみた非水溶液化学基礎1)

溶媒の性質と分類2)
イオン溶媒錯形成電解質挙動3)
酸塩基反応溶媒4)
酸化還元反応溶媒5)

 非水溶液化学の電気化学測定法6)

電気化学測定法概説7)
非水溶液におけるポテンショメトリー
非水溶液における電気伝導率測定法
非水溶液におけるポーラログラフィーボルタンメトリー
非水溶液における他の電気化学測定法
溶媒の精製と純度テスト
支持電解質の選択と調製
電気化学の先端技術と非水溶液

(1 > 電気化学からみた非水溶液化学の基礎
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(2 > 溶媒の性質と分類
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(3 > イオンの溶媒和・錯形成と電解質の挙動
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(4 > 酸塩基反応と溶媒
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(5 > 酸化還元反応と溶媒
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(6 > 非水溶液化学の電気化学測定法
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(7 > 電気化学測定法概説
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).

出典:
非水溶液の電気化学(目次)
(伊豆津公佑. 非水溶液の電気化学. 培風館, . ) 5)

物性

物性・特性
id物理量数値

この 材料 有機電解液 の成分( 化学種

この 材料 有機電解液の細目

サンプル 内部資料

  • 1M LiPF6 EC,EMC887キャビネット(棚)の名称
  • 1mol/l (C2H5)4NBF4 PC0 ' グローブボックスB
  • 0.56 mol/L LiFSI EC/EMC887 ' 9号館:仁科辰夫研究室グローブボックスB
  • コンデンサ電解液サンプル887 ' 9号館:仁科辰夫研究室グローブボックスB
  • コンデンサ電解液サンプル887 ' 9号館:仁科辰夫研究室
  • 1M TEMABF4/PC+DME(1:1vol)18キャビネット(棚)の名称
  • 1M LiPF6 EC/EMC887キャビネット(棚)の名称
  • コンデンサ電解液サンプル9号館:仁科辰夫研究室キャビネット(棚)の名称
  • 一般用水分測定溶媒Sキャビネット(棚)の名称
  • 一般用水分測定溶媒Sキャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


      2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
    酸素ガス 酸素 空気 製鉄
    水素ガス 水素 LNG
    液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    液化アンモニアガス アンモニア 空気
    液化塩素ガス 塩素 海水 電解
    アセチレンガス アセチレン 溶接
    可燃性ガス プロパン 石油 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
    毒性ガス 毒性ガス
    その他のガス アルゴン

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3048


    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.