🏠
🌡️ 📆 令和6年6月19日
⇒#474@レビュー;

非水溶液の電気化学(目次)

伊豆津公佑. 非水溶液の電気化学 . 培風館,.
#🗒️👨‍🏫非水溶液#🗒️👨‍🏫溶媒#🗒️👨‍🏫電解質

参照元

講義ノート:


書評・注釈・コメント

リチウムイオン二次電池における電…は、リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価1) リチウムイオン二次電池に使われる電解液と電極を構成する活物質、導電助材、結着材、集電体などの界面に関する基礎的な概念につい…ことが知られている2)。

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),非プロトン性極性溶媒3)
エネルギー変換化学特論,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~4)

【関連書籍】電解質5)

【物理量】
粘度6)誘電率7)融点8)

 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã®æ­£æ¥µæ§‹é€ ã¨æ€§èƒ½è©•ä¾¡,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).

リチウム > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã«ãŠã‘る電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›»è§£æ¶² > æœ‰æ©Ÿé›»è§£ > éžãƒ—ロトン性極性溶媒,有機電解液(リチウム電池、EDLC)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®æœ‰æ©Ÿé›»è§£æ¶²ã®åƒãï½ž,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã®æ­£æ¥µæ§‹é€ ã¨æ€§èƒ½è©•ä¾¡,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).
(2リチウム > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã«ãŠã‘る電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).
(3実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›»è§£æ¶² > æœ‰æ©Ÿé›»è§£ > éžãƒ—ロトン性極性溶媒,有機電解液(リチウム電池、EDLC)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(4エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®æœ‰æ©Ÿé›»è§£æ¶²ã®åƒãï½ž,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(5 > é›»è§£è³ª
金村聖志, 自動車用リチウムイオン電池, 日刊工業新聞社, (2010).
(6粘度(cofficient of viscosity [パスカル秒].
(7誘電率(permittivity [ファラッド毎メートル].
(8融点(melting point [ケルビン].

引用・概要・要約・抄訳

非水溶液の電気化学(目次)

第Ⅰ部 電気化学からみた非水溶液化学の基礎1)

溶媒の性質と分類2)
イオンの溶媒和・錯形成と電解質の挙動3)
酸塩基反応と溶媒4)
酸化還元反応と溶媒5)

第Ⅱ部 非水溶液化学の電気化学測定法6)

電気化学測定法概説7)
非水溶液におけるポテンショメトリー
非水溶液における電気伝導率測定法
非水溶液におけるポーラログラフィーとボルタンメトリー
非水溶液における他の電気化学測定法
溶媒の精製と純度テスト
支持電解質の選択と調製
電気化学の先端技術と非水溶液

(1 > é›»æ°—化学からみた非水溶液化学の基礎
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(2 > æº¶åª’の性質と分類
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(3 > ã‚¤ã‚ªãƒ³ã®æº¶åª’和・錯形成と電解質の挙動
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(4 > é…¸å¡©åŸºåå¿œã¨æº¶åª’
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(5 > é…¸åŒ–還元反応と溶媒
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(6 > éžæ°´æº¶æ¶²åŒ–学の電気化学測定法
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(7 > é›»æ°—化学測定法概説
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).

出典・引用元

type=7,id=2494

他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。 1 )

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。

2 )

<ul>
<!-- 書評 書評 書評 非水溶液の電気化学(目次) 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=474"> 非水溶液の電気化学(目次) </a>
<br/> 伊豆津公佑.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=120"> 非水溶液の電気化学 </a> </cite>.
培風館, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=474"> 参照 2006-12-29 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 非水溶液の電気化学(目次) 書評 書評 書評 -->
</ul>


リチウムイオン二次電池における電…は、リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価1) リチウムイオン二次電池に使われる電解液と電極を構成する活物質、導電助材、結着材、集電体などの界面に関する基礎的な概念につい…ことが知られている2)。

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),非プロトン性極性溶媒3)
エネルギー変換化学特論,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~4)

【関連書籍】電解質5)

【物理量】
粘度6)誘電率7)融点8)

 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã®æ­£æ¥µæ§‹é€ ã¨æ€§èƒ½è©•ä¾¡,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).

リチウム > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã«ãŠã‘る電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›»è§£æ¶² > æœ‰æ©Ÿé›»è§£ > éžãƒ—ロトン性極性溶媒,有機電解液(リチウム電池、EDLC)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®æœ‰æ©Ÿé›»è§£æ¶²ã®åƒãï½ž,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã®æ­£æ¥µæ§‹é€ ã¨æ€§èƒ½è©•ä¾¡,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2006).
(2リチウム > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³äºŒæ¬¡é›»æ± ã«ãŠã‘る電極/電解液界面,リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).
(3実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›»è§£æ¶² > æœ‰æ©Ÿé›»è§£ > éžãƒ—ロトン性極性溶媒,有機電解液(リチウム電池、EDLC)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(4エネルギ > ã€ï¼’01 > æœ‰æ©Ÿææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®æœ‰æ©Ÿé›»è§£æ¶²ã®åƒãï½ž,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(5 > é›»è§£è³ª
金村聖志, 自動車用リチウムイオン電池, 日刊工業新聞社, (2010).
(6粘度(cofficient of viscosity [パスカル秒].
(7誘電率(permittivity [ファラッド毎メートル].
(8融点(melting point [ケルビン].
<%nExtID=474:szRefType="book":szRefHeadLine="伊豆津公佑,非水溶液の電気化学,培風館,非水溶液の電気化学(目次)(1995)"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


出版物

表   1 出版物
種類 例
非定期刊行物 図書 ・書籍 ・ 学位論文 ・抜刷り・学校教科書
定期刊行物 新聞・雑誌( 学術論文)・年鑑
そのほか 楽譜、 カレンダー、番組表、 地図

著作物 の著作権は、著者にあります。 しかし、著作物を出版した場合、出版物の著作財産権は、著者ではなく、出版社に帰属することが多いです。


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=474
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.