HOME 教育状況公表 本日
⇒#2494@講義;

  非プロトン性極性溶媒

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(非プロトン性極性溶媒)の親単元は 有機電解液(リチウム電池、EDLC) です。

初版

有機化合物が使われます

化学種

アルコール

エーテル

1,2-ジメトキシエタンDME1,2-ジメトキシエタン1)

ケトン

ニトリル

 アセトニトリル(AN)

その他

プロピレンカーボネートPCプロピレンカーボネート2)

 炭酸プロピレン(PC)

エチレンカーボネートECエチレンカーボネート3)

 炭酸エチレン(EC)

ジメチルカーボネートDMCジメチルカーボネート4)

エチルメチルカーボネートEMCエチルメチルカーボネート5)

ジエチルカーボネートDEC

 炭酸ジエチル(DEC)

物理量

粘度 η 〔Pa・s誘電率 ε 〔F/m融点 Tm 〔K双極子モーメント μ 〔D導電率 κ 〔S/m電位窓

サンプル

プロピレンカーボネート6)

プロピレンカーボネート(プロピレンカルボナート )プロピレンカーボネート(プロピレンカルボナート )7)

プロピレンカーボネート8)

卒論修論

わたなべリチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果9)

くぼリチウムイオン二次電池充電時の正極におけるラジカル生成条件10)リチウムイオン二次電池の有機電解液分解に伴う劣化原因の解明11)

学会発表

○金子郁枝,…らは2010年にで開催された2010年電気化学秋季大会において液晶材料中に混入した有機化合物の双極子モーメントとの漏れ電流の関係について報告している液晶材料中に混入した有機化合物の双極子モーメントとの漏れ電流の関係12)

平成18年度化学物質管理研修会@山形県庁

関連講義

卒業研究-電気化学2004,溶媒&分散媒13)

エネルギー変換化学特論,有機材料リチウム電池有機電解液働き~有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~(2011_H23)14)

関連書籍

有機電解液の溶液化学
(芳尾真幸、小沢昭弥. リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版. 日刊工業新聞社, . )

溶媒の性質と分類
(伊豆津公佑. 非水溶液の電気化学. 培風館, . )

液晶材料中に混入した有機化合物の双極子モーメントとの漏れ電流の関係
平成18年度化学物質管理研修会@山形県庁
溶媒&分散媒
有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~(2011_H23)

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> . <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2494'> <q><cite> 非プロトン性極性溶媒 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2494'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2494 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-7-15">2020-7-15</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2494

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.