🏠
🌡️ 📆 令和6年6月18日
⇒#20@材料;

🏞 マンガン酸リチウム


【材料】マンガン酸リチウム⇒#20@材料;

マンガン酸リチウムの大綱となる 材料は、金属酸化物です。

👨‍🏫 講義ノート :
表   1 材料の諸元
項目 内容
名称 マンガン酸リチウム
危険性
操作
生成物

【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),マンガン酸リチウム(スピネル)1)

スピネル型結晶構造

スピネル(尖晶石)

マンガン酸リチウム

【表】

表 ï¼¬ï¼­ï¼¯ã®æ¯”較
誘電率ボルタモグラム
LMO1
LMO2
LMO3
LMO4
LMO5

【表】

表 æ´»ç‰©è³ªã®èª˜é›»çŽ‡ã¨æ­£æ¥µåˆæã‚¹ãƒ©ãƒªãƒ¼ã®è‰²
活物質の種類サンプル比誘電率色彩
LMO
RUN
10

【学会】レイリー散乱を使った比色分析によるリチウム二次電池正極活物質の固体表面極性の評価2)

【講義ノート】マンガン酸リチウム(スピネル)(LMO)3)

4)

5)

LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果6)

マンガンを取り囲む酸素による正八面体と、リチウムを取り囲む酸素による正四面体からなるスピネル構造を取ります。

図 å…«é¢ä½“(8)
©Copyright 2022 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.
レイリー散乱を使った比色分析によるリチウム二次電池正極活物質の固体表面極性の評価

物性

表物性・特性
id物理量数値
407理論容量/mAh/g148

🧪 この 材料 マンガン酸リチウム の🧪成分( 化学種 )

この 材料 マンガン酸リチウムの細目

サンプル ( 内部資料 )

  • マンガン酸リチウム(2.5 kg×4)3号館 伊藤(智)研KF-5 マンガン酸リチウム入れ
  • マンガン酸リチウム部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • 活物質分散液0 '
  • マンガン酸リチウムE部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムF部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • 【廃棄】マンガン酸リチウムスラリー部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムぱさぱさスラリー部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • NMCぱさぱさスラリー部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムA部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムB部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムC部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムD部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムLiMn2O40 ' 活物質ゾーン
  • マンガン酸リチウム849 ' 3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)卒論 置き場
  • マンガン酸リチウム887 ' 9号館:仁科辰夫研究室活物質類
  • 活物質③3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • 活物質⑦3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • 活物質②3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • 活物質①3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • マンガン酸リチウム0 '
  • マンガン酸リチウム(TN分級済大3)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム(TN分級済小3)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム(TN分級済大2)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム(TN分級済小2)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム3-3301 作業区画szCabinet
  • LiMn2O40 '
  • マンガン酸リチウム0 '
  • LiMn2O4キャビネット(棚)の名称
  • マンガン酸リチウム伊藤研 3-3301
  • LiMn2O40 '
  • マンガン酸リチウム伊藤研 3-3301
  • 🚂 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    物質の分類

    物質 純物質 単体 化合物 混合物 均一混合物 不均一混合物
    図   1 *  ç‰©è³ªã®åˆ†é¡ž
    03 エネルギー化学 01 無機工業化学 08 化学・バイオ工学英語 05 卒業研究

    物質は、 温度や圧力 によって、様々な状態をとります。 物質が固体、液体、気体、 超臨界流体のいずれの 状態を示した図を 状態図と言います。 分子結晶は、昇華しやすく、 イオン結晶は、融点や沸点が高いです。


    表   2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料
    /製法
    🚂 製品
    /用途
    🏞 酸素ガス 酸素 🏞 空気 製鉄
    🏞 水素ガス 水素 燃 LNG
    🏞 液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    🏞 液化アンモニアガス アンモニア 燃 毒 🏞 空気
    🏞 液化塩素ガス 塩素 毒 🏞 海水 /電解
    アセチレンガス アセチレン 燃 溶接
    可燃性ガス プロパン 燃 🏞 石油 🚂 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス 燃 毒
    毒性ガス 毒性ガス 毒
    その他のガス アルゴン

    事故が起きた後で調査をしてみると、「無理をした」「油断をした」「 知らなかった」「教わらなかった」など、安全に対する心構えの不備な事例が意外に多い 2 ) 📥 。

    ボンベの 色 や文字の 色 は、高圧ガス保安法で定められています。 * 誤った色使いは、事故の原因になります。 *

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *

    化学工業では、気体を圧縮して高圧ガスとして使います。 冷蔵庫やエアコンの冷媒や燃料のLPガスも高圧ガスです 3 ) 。

    🔷 高圧ガスの取り扱い

    工業化学の原料となる資源

    表   3 工業化学 の原料となる 資源
    分野 相 ( 状態 ) 🏞 原料 🚂 製品
    無機工業化学 気体 🏞 空気 アンモニア・ 🚂 肥料・酸素
    液体 🏞 水資源 ・ 🏞 海水 食塩・ 苛性ソーダ・ 塩素
    固体 鉱物 金属( 🚂 鉄鋼
    )・セラミックス
    有機工業化学 気体 LNG 水素・エチレン
    液体 🏞 石油 エチレン・酢酸ビニル
    固体 石炭 鉄鋼

    天然資源 には、物質資源、 エネルギー資源、情報資源があります。


    固体の材料

    表   4 41 固体の 材料
    金属材料 非金属材料 複合材料
    鉄鋼材料 非鉄金属材料 セラミックス
    ガラス
    高分子
    ゴム
    炭素鋼
    合金鋼
    鋳鉄
    鋳鋼
    金・銀 ・ 銅
    🏞 🧪 ⚛ アルミニウム
    マグネシウム
    ニッケル
    チタン
    亜鉛
    🏞 石材
    🏞 木材 ・皮・ 繊維
    繊維強化プラスチック
    繊維強化金属
    鉄筋コンクリート
    金属強化セラミックス

    材料は、その材質の違いにより金属材料と非金属材料に分類されます 4 ) 。

    狭い意味で、材料といったとき、常温常圧で固体の 状態の 物質を指すことがあります。

    純物質としての 金属は、柔らかすぎるので、混合物の合金が使われます。広い意味での混合物の固体材料を複合材料と呼ぶことがあります。


    金属材料の産業上の分類

    表   5 金属材料の産業上の分類
    用途
    重金属 鉄鋼 鉄鋼 ⚛ 鉄 鉄合金 モーター
    非鉄金属 非鉄金属
    (狭義)
    ⚛ □ 銅 🏞 銅合金
    鉛
    亜鉛
    スズ
    貴金属 ⚛ 🜚 金
    ⚛ 🜛 銀
    白金族
    軽金属 🜀 🏞 🧪 ⚛ アルミニウム 🏞 ジュラルミン
    マグネシウム
    チタン
    希少金属 リチウム
    ウラン

    鉄はもっとも身近な金属だ。 金属はカタチを自由に変えることができ、しかも強くしなやかだ。石斧で田んぼを耕すのがいかに困難かを想像すれば、鉄器が農耕を飛躍的に進歩させたことがうなずける。 日本では、 弥生時代 に鉄器が普及し、 稲作がはじまり、定住生活がはじまりした。

    ニラコ

    ◇ 参考文献


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=20
    名称: 教育用公開ウェブサービス
    URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
    管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

    🎄🎂🌃🕯🎉
    名称: サイバーキャンパス「鷹山」
    URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
    管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

    Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.