HOME 教育状況公表 本日
⇒#20@材料;

マンガン酸リチウム


材料】マンガン酸リチウム⇒#20@材料;

マンガン酸リチウムの大綱となる 材料は、金属酸化物です。

関連講義卒業研究-電気化学2004,マンガンリチウムスピネルマンガン酸リチウム(スピネル)(LMO)1)

スピネル型結晶構造

スピネル(尖晶石)

マンガン酸リチウム

 LMOの比較

 活物質の誘電率と正極合材スラリーの色

学会レイリー散乱を使った比色分析によるリチウム二次電池正極活物質の固体表面極性の評価2)

講義ノートマンガンリチウムスピネルLMOマンガン酸リチウム(スピネル)(LMO)3)

セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~4)

電池とエネルギー5)

LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果6)

マンガン取り囲む酸素による正面体とリチウム取り囲む酸素による正面体からなるスピネル構造取ります

 八面体(8)
©Copyright 2019 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.
レイリー散乱を使った比色分析によるリチウム二次電池正極活物質の固体表面極性の評価

この 材料 マンガン酸リチウム の成分( 化学種

この 材料 マンガン酸リチウムの細目

物性

サンプル 内部資料

  • 活物質分散液0 '
  • マンガン酸リチウム部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムE部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムF部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • 【廃棄】マンガン酸リチウムスラリー部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムぱさぱさスラリー部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • NMCぱさぱさスラリー部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムA部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムB部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムC部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムD部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウムLiMn2O40 ' 活物質ゾーン
  • マンガン酸リチウム849 ' 3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)卒論 置き場
  • マンガン酸リチウム887 ' 9号館:仁科辰夫研究室活物質類
  • 活物質③3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • 活物質⑦3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • 活物質②3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • 活物質①3-3301 C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)活物質
  • マンガン酸リチウム0 '
  • マンガン酸リチウム(TN分級済大3)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム(TN分級済小3)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム(TN分級済大2)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム(TN分級済小2)3号館 伊藤研究室(3-3301)キャビネット(棚)名?
  • マンガン酸リチウム3-3301 作業区画szCabinet
  • LiMn2O40 '
  • マンガン酸リチウム0 '
  • LiMn2O4キャビネット(棚)の名称
  • マンガン酸リチウム伊藤研 3-3301
  • LiMn2O40 '
  • マンガン酸リチウム伊藤研 3-3301
  • マンガン酸リチウム25887 ' 9号館:仁科辰夫研究室
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=20

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.