HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒#838@講義;

  マンガン酸リチウム(スピネル)(LMO)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(マンガン酸リチウム(スピネル)(LMO))の親単元は 正極活物質 です。


LMOと略されます高速動作可能マンガン1)電気陰性度 x 〔と小さいため酸素の極性が残りLCONMCに較べて表面実効電気双極子モーメントが大きくなりますその結果表面誘電率が高いので炭素活物質界面生成する正極SEIが分散剤やバインダー影響受けにくく放電過程でのリチウムイオン脱溶媒和で溶媒選ばずスラリー作りやすいですマンガンイオンが溶出しやすい点が難点です表面誘電率が高いのでアルミニウム集電体直接接触防ぐ炭素アンダーコート接触抵抗低減できます

材料マンガン酸リチウム

マンガン酸リチウム2)マンガン酸リチウムリチウムイオン二次電池3)の正極活物質として使われます

目次

リチウムイオン電池総説1)
リチウムイオン二次電池の開発史
V系正極活物質の結晶化学と電気化学2)
カーボン系材料の負極特性
機能性電解液3)
有機電解液の溶液化学4)
高分子電池5)
リチウム電池セパレータ
電気自動車のためのリチウムイオン電池
リチウムイオン電池の応用機器
電力貯蔵へのリチウムイオン電池応用
リチウムイオン電池用充電器の設計
リチウムイオン電池の製造プロセス6)
リチウムオイン電池と資源環境問題
リチウムイオン電池評価実験
市販リチウムイオン電池
リチウムイオン電池用材料7)

電池8)電気化学9)

(1 > リチウムイオン電池(総説)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(2 > 4V系正極活物質の結晶化学と電気化学
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(3 > 機能性電解液
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(4 > 有機電解液の溶液化学
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(5 > 高分子電池
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(6 > リチウムイオン電池の製造
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(7 > リチウムイオン電池用材料
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(8 > 電池はこうして生まれ
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, (1996).
(9 > 現代の電気化学(目次)
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).

出典:
リチウムイオン二次電池−材料と応用−(目次)
(芳尾真幸、小沢昭弥. リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版. 日刊工業新聞社, . ) 4)
スピネル型5)とりますマンガン酸リチウムのX線回折6)

はらクエン酸錯体法によるリチウムイオン二次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価7)

ゆみこリチウム二次電池正極活物質LiMn2O4のクエン酸錯体法による合成の制御8)

きみこクエン酸錯体法によるLiMnO4の合成法確立9)

学会急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析10)

○森田茉季,…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会において液晶場プローブしたリチウムイオン次電池 正極合材分散状態の評価について報告している液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価11)

 啓…らは2006年に東京都江戸川区で開催された第47回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるの非対称性について報告しているリチウムイオン二次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるパワーの非対称性12)

葉祐毅,…らは1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において正極に LiMn2O4 用いたリチウム次電池の充放電挙動−活物質粒度の影響−について報告している正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動−活物質粒度の影響−13)

マンガン酸リチウム井金属鉱業マンガン酸リチウム(三井金属鉱業)

マンガン酸リチウム14)

モル体積 Vm 〔m3/mol

電池容量密度 Q 〔mA·h/g148mA·h/gLi+e<->LiMn2O4(トポタクティック反応) 15)

マンガン酸リチウム井金属マンガン酸リチウム16)

 LMOの比較

Li+e<->LiMn2O4(トポタクティ反応) Li+e<->LiMn2O4(トポタクティック反応) 17)

関連講義

講演アウトライン次電池講演のアウトライン(二次電池)18)

卒業研究-電気化学2004,集電体|活物質界面集電体|活物質(界面)19)

書籍

正極活物質結晶化学電気化学

正極活物質研究動向
リチウム含有遷移金属酸化物の結晶構造比較
LiNiO特徴特性改善の試み
スピネル類縁正極への展開

リチウムイオン次電池−材料と応用−目次1)
(1リチウムイオン二次電池−材料と応用−(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版, 日刊工業新聞社, (1996).

出典:
4V系正極活物質の結晶化学と電気化学
(芳尾真幸、小沢昭弥. リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版. 日刊工業新聞社, . ) 20)
マンガン酸リチウムのX線回折
急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析
液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
リチウムイオン二次電池正極活物質の結晶構造と高速充放電時におけるパワーの非対称性
正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動−活物質粒度の影響−

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> マンガン酸リチウム(スピネル)(LMO) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=838'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=838 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-4-23">2018-4-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=838

Copyright ©1996-2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.