HOME 教育状況公表 令和3年9月18日
⇒#1563@材料;

濃塩酸(12M)



濃塩酸(12M)の大綱となる 材料は、塩酸です。

硝酸硫酸並んで酸の代表格である
塩化水素気体溶かしたものである
濃度高いため湿った空中で著しく発煙する刺激臭のある無色の液体である
多くの金属常温で溶解し水素発生する

エタノールエーテル易溶である
凝固点31.24%のときの値である

物性

物性・特性
id物理量数値
34密度/m1180
35重量百分率/35.4
36沸点/°C108.58
37融点/°C-46
41体積モル濃度/°C

この 材料 濃塩酸(12M) の成分( 化学種

この 材料 濃塩酸(12M)の細目

サンプル 内部資料

  • 塩酸C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • 濃塩酸キャビネット(棚)の名称
  • 塩酸キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=1563

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.