HOME 教育状況公表 本日
⇒#372@卒論;
2007 ( 2006 , 2007 , ) 卒業論文

ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研    齋藤 歩美

ニオブ関係 2006 2007

卒論】ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析⇒#372@卒論;
ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析
齋藤 歩美, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2007).



    ESR用いたニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量方法の検討

    ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析

    ニオブニオブとその化合物1)

    温度液体窒素温度に下げることで酸化ニオブESR信号確認

    ニオブニオブとその化合物2)の欠陥ESRで定量することに挑戦たかつかESRによるNb2O5酸素欠損の評価3)

    関連講義卒業研究-電気化学2004,ESR電子スピン共鳴の実際ESR(電子スピン共鳴)の実際4)

    ○高塚知行,…らは2007年に山形大学 小白川キャンパス山形県山形市小白川町1-4-12開催された平成19年度 化学系学協会東北大会においてESRよるNb25格子欠陥評価ついて報告しているESRによるNb2O5格子欠陥の評価5)

    あゆみは2009年にそれまでの研究バイオマス資源の有効活用に関する研究 -有機脂肪酸の高付加価値化-というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したバイオマス資源の有効活用に関する研究 -有機脂肪酸の高付加価値化-6)

    2006年度平成18卒業研究【2006年度(平成18)卒業研究】7)

    2006平成18年度研究ノート2006年(平成18)研究ノート

    関連講義

    2009 暗号とセキュリティ8)

    200811 金物を切る9)

    2008 ガラスレンズビー氷とガラス10)

    2008 花粉と空気清浄機11)

    2008 チョコレートとバレンタイン12)

    2007 サイエンス劇場スペシャル―化学への招待13)

    2007 水で咲かそう春の花~染料とペーパークロマトグラフィー「水で咲かそう春の花」~染料とペーパークロマトグラフィー~14)

    http://c1.yz.yam…

    http://c1.yz.yam…

    http://c1.yz.yam…

    http://c1.yz.yam…

    http://c1.yz.yam…

    下記は東京日本科学未来館で2012212日(日)に開催されたサイエンスショー「科学の鉄人2012」の映像公開URLです

    http://www.sci-f…

    ESRによるNb2O5格子欠陥の評価
    2006年(平成18)研究ノート


    緒言

    背景

    工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

    目的

    実験方法

    工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

    サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

    準備するもの

    サンプル 履歴

    作成手順

    消耗品履歴

    評価の方法

    装置使用履歴

    管理の方法

    管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。

    結果と考察

    物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

    論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

    研究ノート

    グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

    には図題(キャプション)や表題をつけます。 の 説明にはひとつの段落を使います。

    参考文献書籍雑誌口頭発表URL

    <li> <article> 齋藤 歩美. <q><cite> ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=223'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=223</a>, (参照 <time datetime="2019-10-14">2019-10-14</time>). </article> </li>


    卒業論文 ©Copyright  2007   齋藤 歩美,  山形大学  All rights reserved.