HOME 教育状況公表 本日
⇒#812@講義;

  ニオブとその化合物


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(ニオブとその化合物)の親単元は バルブメタルのアノード酸化とエッチング です。

初版
ニオブ1)2)は超伝導セラミの材料としてばかりでなくニオブ固体電解コンデンサ3)に使います

2Nb+5H2O<->Nb2O5+10H(+)4)

リチウムイオン次電池の正極集電体調べている過程で有機電解液中でどのバルブメタル耐食性持つか検討してきましたそのうちタンタルと比較しながら主に固体電解コンデンサ用とエッチングによる表面処理に関する研究行っています

赤峰広規,立…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会においてニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果について報告している5)

立花和宏らは2005年に熊本で開催された電気化学会第72回大会においてバルブメタル非水電解液中における不働態化と表面欠陥について報告している6)

後藤善仁…らは2006年にで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において有機電解液用いたニオブ材料電解研磨条件検討について報告している7)

むっし2003年にそれまでの研究種々の電解条件下における非水溶液中のニオブエッチング制御というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した8)

ニオブイヤ9)
ニオブイヤー(0.3mm)10)
NIOBIUM POWDER11)

卒業論文修士論文
ごとう12)エッチング
あ~ね13)
風~晃14)
あかみね15)
かねこ16)
にゃんさん17)
18)
ぬき19)
むっし20)エッチング
岡田 和正21)
さかもと22)

関連講義卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,ニオブ|導電性高分子23)
特許出願200456767ニオブ用いた固体電解コンデンサ24)

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > キャパシ > ニオブ固体電解コンデンサ,キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).

バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).

有機電解液を用いたニオブ材料の電解研磨条件の検討
後藤善仁,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > ニオブ|導電性高分子,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1ニオブNiobiumNb, FW = 92.9064 g/mol, (化学種).
(2 > 電解法による酸化皮膜(目次)
馬場宣良, 電解法による酸化皮膜, 槇書店, (1996).
(3緒言(C > 製品調査 > エネルギ > キャパシ > ニオブ固体電解コンデンサ,キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4)   Nb2O5 + 10H+ + 10e- =   2Nb + 5H2O, E = -0.65 V, (反応-224).
(5ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).
(6バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).
(7有機電解液を用いたニオブ材料の電解研磨条件の検討
後藤善仁,平成18年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2006).
(8種々の電解条件下における非水溶液中のニオブのエッチング制御
武蔵 信之, 卒業論文, (2003).
(9ニオブ(ワイヤ), 仁科研究室(南東側), 立花 和宏, (2003).
(10ニオブワイヤー(0.3mm), 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2004).
(11NIOBIUM POWDER, 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2007).
(12有機電解液を用いたニオブ材料の電解エッチング条件の検討
後藤 善仁, 卒業論文, (2007).
(13二オブアノード酸化皮膜の絶縁性と表面欠陥の解析
赤峰広規, 修士論文, (2007).
(14親水性導電性高分子のニオブ電解コンデンサへの応用
風間晃, 卒業論文, (2006).
(15ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰 広規, 卒業論文, (2005).
(16電解液中での種々のバルブメタルのアノード酸化における速度論的パラメータ
金子 英樹, 卒業論文, (2005).
(17ニオブアノード酸化皮膜の絶縁特性に及ぼす熱処理雰囲気の影響
伊藤 晋, 卒業論文, (2004).
(18ニオブアノード酸化皮膜の絶縁特性に及ぼす水分の影響
田中 良樹, 卒業論文, (2004).
(19正極集電体にニオブを用いたリチウム二次電池の充放電サイクルの特性の評価
佐貫 至徳, 卒業論文, (2003).
(20種々の電解条件下における非水溶液中のニオブのエッチング制御
武蔵 信之, 卒業論文, (2003).
(21ニオブアノード酸化皮膜の絶縁性及び固体電解質による皮膜修復性能の評価
岡田 和正, 卒業論文, (2003).
(22有機電解液中におけるバルブメタルのアノード皮膜特性
坂本 裕輔, 卒業論文, (2002).
(23結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > ニオブ|導電性高分子,集電体|導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(24特許出願2004-56767:ニオブを用いた固体電解コンデンサ
, 特許出願2004-26767, (2004).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> ニオブとその化合物 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=812'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=812 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-20">2019-8-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=812

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.