HOME 教育状況公表 本日
⇒#803@講義;

  ESR(電子スピン共鳴)の実際

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(ESR(電子スピン共鳴)の実際)の親単元は 機器分析 です。

初版
固体状態1)状態測定する装置です磁束密度2)変えて電波の吸収測定しますチャートからg値3)読み取りますXバンドESR装置4)5)
があります

卒業論文修士論文
イオン液体吉~6)小~7)
ニオブたかつか8)あゆみ9)
電解液くぼっち嗣10)11)すず12)
カーボン安齋 政則13)らが使用しています

測定対象
フリーラジカルや不対電子測定します


M. Sug…らは2006年にPhotocatalytic Activity of Hydroxyl Radical Formation on TiO2 Modified with Chromium Ionについて報告しクロム修飾チタニアヒドロロキシルラジカル発生光触媒活性についてESRで調べたと述べている14)


カーボン
ZnOのみのESRスペクトル15)
有機ラジカル16)17)

物理量自由電子ランデg因子18)

卒業研究C1-磁気共鳴計測研究グループ2004200619)

関連講義卒業研究-電気化学2004,カーボン材料20)

書籍
ありのままの電極表面とらえる21)
固体状態22)

動画23)
ピカッとさいえんす電波アンテナ
http://c1.yz.yam…


XバンドESR装置
,JEOL FR-30,,(,).

XバンドESR装置
,JEOL FR-30,,(,).

ZnOのみのESRスペクトルグラフ.

実験方法 > 材料&試 > カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

ピカッと > 電波とアンテナ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

(1 > 固体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(2磁束密度( [テスラ].
(3g値, (計算).
(4XバンドESR装置
,JEOL FR-30,,(,).
(5XバンドESR装置
,JEOL FR-30,,(,).
(6電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響
吉田真由美, 卒業論文, (2009).
(7電気二重層キャパシタのインピーダンスと炭素ラジカルの関係(仮)
小林賢雄, 卒業論文, (2009).
(8ESRによるNb2O5酸素欠損の評価
高塚 知行, 卒業論文, (2008).
(9ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析
齋藤 歩美, 卒業論文, (2007).
(10リチウムイオン二次電池の有機電解液分解に伴う劣化原因の解明
久保篤嗣, 卒業論文, (2005).
(11リチウムイオン二次電池充電時の正極におけるラジカル生成条件
久保篤嗣, 修士論文, (2007).
(12酸化劣化したリチウム二次電池用電解液の分析
鈴木 雄一, 卒業論文, (2002).
(13ESRによる電池活物質のキャラクタリゼーション
安齋 政則, 卒業論文, (1986).
(14Photocatalytic Activity of Hydroxyl Radical Formation on TiO2 Modified with Chromium Ion
M. Sugawara, T. Noda, K. Tachibana, K. Watanabe, and T. Ogata, ITE Letters 7(6): pp.575-578, (2006).
(15ZnOのみのESRスペクトルグラフ.
(16リチウムイオン二次電池の有機電解液分解に伴う劣化原因の解明
久保篤嗣, 卒業論文, (2005).
(17酸化劣化したリチウム二次電池用電解液の分析
鈴木 雄一, 卒業論文, (2002).
(18自由電子のランデg因子(g factorLande g factor for free electron [(無次元)].
(19卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~),精密応用化学専修コース(~H15),etc,物質化学工学科,山形大学
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2011).
(20実験方法 > 材料&試 > カーボン材料,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(21 > ありのままの電極表面をとらえる
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(22 > 固体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(23ピカッと > 電波とアンテナ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> ESR(電子スピン共鳴)の実際 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=803'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=803 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-2-18">2019-2-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=803

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.