HOME 教育状況公表 本日
⇒#2181@材料;

L(+)-アスコルビン酸



L(+)-アスコルビン酸の大綱となる 材料は、L(+)-アスコルビン酸です。

L-アスコルビン酸はビタミンCのことであり食品の保存剤として用いられているアスコルビン酸は常温分解されデヒドロアスコルビン酸なる

また様々なスピンプローブ剤還元する作用有している

遠藤らはアスコルビン酸によってフォーリン-チオカルト法が受ける影響アスコルビンオキシダーゼ(ASOD)1)によって軽減できると述べているまた影響0することはできず吸光度への影響はアスコルビン酸の濃度に比例することがわかったすわちASOD添加したときと添加しないときの差よりアスコルビン酸の濃度算出できること示している2)


(1@ > アスコルビン酸オキシターゼ
アスコルビン酸オキシターゼL-ascorbate oxidase. , (材料).
(2ESR法によるヒメウコギの抗酸化能評価の研究
遠藤芳寛, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2007).

この 材料 L(+)-アスコルビン酸 の成分( 化学種

この 材料 L(+)-アスコルビン酸の細目

物性

サンプル 内部資料

  • L(+)-アスコルビン酸C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • L(+)-アスコルビン酸C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • L(+)-アスコルビン酸キャビネット(棚)の名称
  • L(+)-アスコルビン酸キャビネット(棚)の名称
  • L(+)-アスコルビン酸キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=2181

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.