HOME 教育状況公表 本日
⇒#3138@材料;

炭素材料


材料】炭素材料⇒#3138@材料;

炭素材料の大綱となる 材料は、無機材料です。

材料

グラファイト

試料

ハードカーボン1)

物理量

一次粒径 r 〔m比表面積 S 〔m2/kg

格子定数 a 〔m電気抵抗率 ρ 〔Ω·m

水分 灰分

pH x 〔

関連講義

炭素材料と導電助材2)

電気化学の庵,粉体マイクロからナノ粉体(マイクロからナノ)3)

無機分析化学応用実験,試薬4)

卒業研究-電気化学2004,カーボン材料カーボンブラカーボン材料(カーボンブラック系)5)

卒業研究-電気化学2004,導電助材導電助材(導電助剤)6)

無機工業化学,炭素材料セラミクス炭素材料(セラミックス)-共有結合結晶-7)

炭素材料と導電助材8)

関連書籍

元素の分類と周期表
化学結合
イオン結合イオン結晶
共有結合共有結合結晶
金属結合と金属の結晶
典型元素
カーボンブラ

遷移元素
生活元素
地殻構成する元素
鉱物資源
炭素含む資源
生命元素
出典:
元素の性質と化学結合
(森川陽 種茂豊一. 工業化学1. 実教出版, . ) 9)

炭素自問自答目次

炭素自問自答目次
炭素とは何だ?
炭素原子はどこが違う?1)
炭素材料はどうやってつくる?2)
これからどうなるどうする?

グラファイト


(1 > 炭素原子はどこが違う?
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, (1997).
(2 > 炭素材料はどうやって作る?
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, (1997).

出典:
炭素・自問自答(目次)
(大谷杉郎. 炭素・自問自答. 裳華房, . ) 10)

カーボン系材料の負極特性

はじめに
Liイオン次電池としての負極

出典:
カーボン系材料の負極特性
(芳尾真幸、小沢昭弥. リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版. 日刊工業新聞社, . ) 11)

炭素材料

ダイヤモンド
活性炭
人造黒鉛
炭素繊維
1)
炭素材料2)

石炭化学・炭素材料3)

(1@ > 無機材料 > 金属 > コモンメ > 
iron, (材料).
(2@ > 無機材料 > 炭素材料
炭素材料, (材料).
(3 > 石炭化学・炭素材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.70, (2004).

出典:
炭素材料
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 12)

炭素系負極材料
難黒鉛化性炭素負極
高電位LiTi12負極
スズ系合金負極
次世代負極材料
出典:
負極材
(金村聖志. 自動車用リチウムイオン電池. 日刊工業新聞社, . ) 13)

関連書籍

炭素材料

ダイヤモンド
活性炭
人造黒鉛
炭素繊維
1)
炭素材料2)

石炭化学・炭素材料3)

(1@ > 無機材料 > 金属 > コモンメ > 
iron, (材料).
(2@ > 無機材料 > 炭素材料
炭素材料, (材料).
(3 > 石炭化学・炭素材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.70, (2004).

出典:
炭素材料
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 14)

炭素自問自答目次

炭素自問自答目次
炭素とは何だ?
炭素原子はどこが違う?1)
炭素材料はどうやってつくる?2)
これからどうなるどうする?

グラファイト


(1 > 炭素原子はどこが違う?
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, (1997).
(2 > 炭素材料はどうやって作る?
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, (1997).

出典:
炭素・自問自答(目次)
(大谷杉郎. 炭素・自問自答. 裳華房, . ) 15)

粉体の表面化学目次

粉体表面化学目次

粉体粒子特性1)

粉体表面性質2)

粉体液体溶液界面ぬれ3)

粉体液体溶液界面吸着4)

粉体気体粉体粉体および固体面の界面5)

粉体表面改質の実際6)

粉体液中分散7)

粉体作製法8)

粉体情報管理9)

(1粉体の粒子特性
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(2粉体の表面の性質
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(3粉体と液体(溶液)の界面(ぬれ)
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(4粉体と液体(溶液)の界面(吸着)
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(5粉体と気体、粉体と粉体および固体面の界面
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(6粉体の表面改質の実際
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(7粉体の液中分散
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(8粉体の作製法
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(9粉体と情報管理
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).

出典:
粉体の表面化学(目次)
(小石真純, 角田光雄著. 粉体の表面化学. 日刊工業新聞社, . ) 16)

セラミ材料目次1)

セラミックス序論
セラミックスとは?
セラミックス序論
アルミナ2)
チタンバリウム3)
フェライト4)
酸化ケイ5)
酸化亜鉛6)
ジルコニア7)
黒鉛8)
ダイヤモンド9)
炭化ケイ10)
窒化ケイ11)

(1 > セラミック材料(目次)
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).
(2酸化アルミニウムAluminum OxideAl2O3, = 101.9612 g/mol, (化学種).
(3チタン酸バリウムBaTiO3, = 233.2082 g/mol, (化学種).
(4四酸化三鉄Fe3O4, = 231.5386 g/mol, (化学種).
(5二酸化珪素SiO2, = 60.0843 g/mol, (化学種).
(6酸化亜鉛Zinc OxideZnO, = 81.3894 g/mol, (化学種).
(7酸化ジルコニウムZrO2, = 123.2228 g/mol, (化学種).
(8グラファイトgraphiteC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(9ダイヤモンドC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(10炭化ケイ素SiC, = 40.0965 g/mol, (化学種).
(11窒化ケイ素SiN, = 42.0922 g/mol, (化学種).

出典:
セラミックス序論
(堂山昌男・山本良一. セラミック材料. 東京大学出版会, . ) 17)

リチウムイオン電池用材料

電極用炭素材料と高性能化1)

リチウムイオン次電池-材料と応用-目次2)
(1リチウム > 電極用炭素材料と高性能化
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(2 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).

出典:
リチウムイオン電池用材料
(芳尾真幸、小沢昭弥. リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版. 日刊工業新聞社, . ) 18)


この 材料 炭素材料 の成分( 化学種

この 材料 炭素材料の細目

物性

サンプル 内部資料

  • 黒鉛0 '
  • カーボンナノチューブ850 ' C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
  • 導電CBサンプル【廃棄】磁石処理0 '
  • ハードカーボン18キャビネット(棚)の名称
  • カーボンナノチューブキャビネット(棚)の名称
  • フラーレン原料ススキャビネット(棚)の名称
  • カーボンナノチューブキャビネット(棚)の名称
  • DIABLACK Eキャビネット(棚)の名称
  • DIABLACK Gキャビネット(棚)の名称
  • MCMBキャビネット(棚)の名称
  • DIABLACK Iキャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3138

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.