HOME 教育状況公表 本日
⇒#3164@材料;

カーボンナノチューブ


炭素材料材料】カーボンナノチューブ⇒#3164@材料;

カーボンナノチューブの大綱となる 材料は、炭素材料です。

新材料
イオン液体デバイス応用
イオン液体

イオン液体高分子
イオン液体の利用分野

カーボンデバイス応用
カーボンナノチューブ
CNTトランジスタ

出典:
新材料
(長谷川悦雄. 有機エレクトロニクス. 工業調査会, . ) 1)

学会小野寺伸也…らは2013年に弘前パークホテルで開催された第30回ARS弘前コンファレンスにおいてリチウムイオン次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果について報告しているリチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果2)

物理量接触抵抗接触抵抗率 ρc 〔Ω·m²位相角 φ 〔rad

 カーボンナノチューブの比較

卒論アセチレンブラックとカーボンナノチューブを使ったスラリー最適化と活物質充填率向上3)

炭素材料と導電助材4)

3000℃が作る航空部材―窯業―5)

炭素材料と導電助材6)

石炭化学炭素材料
石炭化学
コークス
石炭の加熱による化学変化
コークス
高温乾留の副生成物
高炉におけるコークス役割

石炭
火力発電
炭素材料1)
ダイヤモンド
活性炭
人造黒鉛
カーボンナノチューブ

最新工業化学持続的社会に向けて目次最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)2)
3000℃が作る航空部材―窯業―3)


3000℃が作る航空部材―窯業―


出典:
石炭化学・炭素材料
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.70. ) 7)

リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果

この 材料 カーボンナノチューブ の成分( 化学種

この 材料 カーボンナノチューブの細目

物性

サンプル 内部資料

  • 多層CNT948 ' 情報スペース
  • カーボンナノチューブ9号館 仁科研究室(9-300-3)  キャビネット(棚)の名称
  • カーボンナノチューブ18 ' 仁科研究室(南東側)たたみ部屋
  • CNT0 '
  • CNT0 ' 試薬置き場
  • CNT850 ' C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
  • CNT887 ' 9号館:仁科辰夫研究室
  • カーボンナノチューブ948 ' 情報スペース
  • CNT A 別Lot(伊藤研移管分)850 ' C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
  • 高配向CNT剥離品0 '
  • 導電CBサンプル948 ' 情報スペース
  • 導電CBサンプル948 ' 情報スペース
  • CNT0 '
  • CNT0 '
  • カーボンナノチューブ0 '
  • カーボンナノチューブ0 '
  • カーボンナノチューブ948 ' 情報スペース
  • CNT9号館:仁科辰夫研究室szCabinet
  • CNT9号館:仁科辰夫研究室szCabinet
  • CNT A(伊藤研移管分)C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)szCabinet
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3164

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.