HOME 教育状況公表 本日
⇒#3538@材料;

炭素材料スラリー


材料】炭素材料スラリー⇒#3538@材料;

炭素材料スラリーの大綱となる 材料は、炭素材料です。

炭素材料分散媒に分散したスラリー

佐藤史人,立…らは2011年に〒464-0813 名古屋種区仁座町名古屋大学東山キャンパス開催された第38回炭素材料学会においてコンダクトメトリーよる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ーク形成解析ついて報告しているコンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析1)


コンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析

この 材料 炭素材料スラリー の成分( 化学種

この 材料 炭素材料スラリーの細目

物性

サンプル 内部資料

  • R-3887キャビネット(棚)の名称
  • スラリーC887キャビネット(棚)の名称
  • スラリーB887キャビネット(棚)の名称
  • スラリーA887キャビネット(棚)の名称
  • R-29号館 仁科研究室(9-300-3)  キャビネット(棚)の名称
  • R-19号館 仁科研究室(9-300-3)  キャビネット(棚)の名称
  • AN-15キャビネット(棚)の名称
  • AN-60キャビネット(棚)の名称
  • C-15キャビネット(棚)の名称
  • C-60キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3538

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.