HOME 教育状況公表 本日
⇒#3046@材料;

無機材料


材料】無機材料⇒#3046@材料;

無機材料の大綱となる 材料は、@です。

関連講義

無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学1)

無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学2)

電気化学の庵,物質を分類する化学3)

関連書籍

機能性金属および無機材料

結合様式形態と機能
電子機能材料
半導性材料1)

物理量バンドギャップεJ

LED混晶型インジウム窒化ガリウム発光ダイオード

絶縁性材料
磁気機能材料
光学機能材料

光の屈折利用する材料ガラスレンズファイバー
光吸収利用する材料釉薬
発光利用する材料蛍光灯ランプテレビディスプレイ半導体レーザー蛍光体
光電磁気効果利用する材料

触媒

無機薬品・材料化学2)
最新工業化学持続的社会に向けて目次最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)3)

(1無機薬品 > 機能性金 > 半導性材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(2 > 無機薬品・材料化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(3 > 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).

出典:
機能性金属および無機材料
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 4)

無機物

希ガスと水素
ハロゲン
ハロゲン化合物
ハロゲン化合物
硫黄化合物
窒素とその化合物
リンとその化合物
炭素ケイ素
ケイ素化合物
気体の製法と性質
アルカリ金属
ナトリウム化合物
元素とその化合物
カルシウム1)とその化合物
アルミニウム2)
亜鉛カドミウム水銀
スズ鉛とその化合物
遷移元素と錯イオン
3)コバルト4)ニッケル5)
とその化合物
とその化合物
その他の遷移金属
金属イオンの検出と確認
金属イオンの沈殿反応
金属イオンの分析
無機化学工業金属製造
無機化学工業電解工業
無機化学工業塩基

サイエンスビュー化学総合目次6)



(1カルシウムCa, = 40.078 g/mol, (化学種).
(2アルミニウムAluminumAl, = 26.9815 g/mol, (化学種).
(3IronFe, = 55.847 g/mol, (化学種).
(4コバルトCo, = 0 g/mol, (化学種).
(5ニッケルnickelNi, = 58.69 g/mol, (化学種).
(6 > サイエンスビュー化学総合(目次)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

出典:
無機物質
(実教出版. サイエンスビュー化学総合資料. 実教出版, . ) 5)

無機化合物

典型元素とその化合物
元素の分類と周期表
アルカリ金属元素
元素
亜鉛カドミウム水銀
アルミニウム
スズ
炭素ケイ
窒素リン
酸素硫黄
硫黄化合物
ハロゲン元素
ハロゲン化合物
希ガス元素
水素

遷移金属とその化合物
遷移元素の特色

白金

クロムマンガン
コバルトケル
その他の金属元素

金属イオンの反応
金属イオンの沈殿反応
イオンの検出炎色反応
金属イオンの系統分離

視覚でとらえるフォトサイ1)
(1 > 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録(目次)
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).

出典:
無機化合物
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. 数研出版, . ) 6)

無機物
非金属元素とその化合物
典型金属元素とその化合物
遷移金属元素とその化合物

出典:
無機物質
(佐野博敏、花房昭静. 総合図説化学. 第一学習社, . ) 7)


この 材料 無機材料 の成分( 化学種

この 材料 無機材料の細目

物性

サンプル 内部資料

製品

材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3046

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.