HOME 教育状況公表 令和4年5月29日
⇒#3096@材料;

🏞 磁鉄鉱


材料】磁鉄鉱⇒#3096@材料;

磁鉄鉱の大綱となる 材料は、酸化鉱物です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 磁鉄鉱
危険性

原料マグネタイトFeFe2O4風化分解して砂礫中に集積したもの砂鉄呼びます大きな鉱床としてはスウェーデンノルボテンが有名日本では島根県岩手県などに分布してます

先カンブリア時代1)

コークス2)磁鉄鉱3)熱エネルギー Q 〔J

関連講義
無機工業化学,鉄鋼@無機工業化学4)
無機工業化学,鋼精錬と建材造船石炭 2009鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道、石炭 (2009)5)
無機工業化学,鋼精錬と建材造船鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道 (2007)6)
品質管理,鉄鋼の作り方7)
堺HAMONOミュージアム電極反応基礎8)
鉄の歴史館9)
橋の博物館10)
橋野高炉跡11)
橋梁12)
明石海峡大橋パールブリ明石海峡大橋(パールブリッジ)13)
関門橋14)
瀬戸大橋15)
電気化学の庵,宇都宮うつのみやさぶろううつのみやさぶろう_宇都宮三郎16)秋田大学附属鉱業博物館17)

関連書籍
18)
金属の製造19)



高等学校 > 高校地学 > 地質時代 > 先カンブリア時代,地質時代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

無機工業 > 金属工学 > 鉄鋼@無機工業化学,金属工学・鉱山工学@無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2012).

無機工業 > 無機工業 > 2009 > 鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道、石炭 (2009),2009年(H21年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2009).

無機工業 > 無機工業 > 2007 > 鉄鋼精錬と建材、造船、鉄道 (2007),2007年(H19年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

品質管理 > 2007 > 第3講  > 鉄鋼の作り方,第3講 産業の種類と生産方式
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 歴史・民 > 鉄の歴史館,歴史・民俗資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).

ミュージ > 科学館( > 橋の博物館,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

建築、土 > 旧跡、史 > 橋野高炉跡,旧跡、史跡
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).

建築、土 > トンネル > 橋梁,トンネル、橋梁、塔(タワー)、ダムなど
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

建築、土 > トンネル > 橋梁 > 明石海峡大橋(パールブリッジ),橋梁
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

建築、土 > トンネル > 橋梁 > 関門橋,橋梁
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (1998).

建築、土 > トンネル > 橋梁 > 瀬戸大橋,橋梁
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > うつのみやさぶろう_宇都宮三郎,科学者・学者・医者
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

ミュージ > 秋田大学附属鉱業博物館,ミュージアム
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

物性

物性・特性
id物理量数値

この 材料 磁鉄鉱 の成分( 化学種

この 材料 磁鉄鉱の細目

サンプル 内部資料

製品

材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


  2 高圧ガス容器
高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
酸素ガス 酸素 空気 製鉄
水素ガス 水素 LNG
液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
液化アンモニアガス アンモニア 空気
液化塩素ガス 塩素 海水 電解
アセチレンガス アセチレン 溶接
可燃性ガス プロパン 石油 燃料
可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
毒性ガス 毒性ガス
その他のガス アルゴン

可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3096


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.