🏠
🌡️ 📆 令和4年12月9日
⇒#1315@材料;

🏞 クロロゲン酸



クロロゲン酸の大綱となる 材料は、@です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 クロロゲン酸
危険性

ポリフェノール

文献
クロロゲン酸の酸化的ストレスにおける酸化防御能の検討 : 修論. 24. 食栄. 土屋智史. 1995.3// 土屋 智史1)

林~生は2007年にそれまでの研究簡易吸光光度計の開発と総ポリフェノール量分析への応用というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した2)
高~大は2012年にそれまでの研究スキャナ用いる多検体同時比色分析法の研究 ポリフェノール量の定量というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した3)
大~子は2013年にそれまでの研究フォーリンチオカルト法とデジタル画像処理用いた総ポリフェノール量の比色分析というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)
山~仁は2010年にそれまでの研究抗酸化剤投与酸素曝露下におけるin vivo ESR計測というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した5)


研究データ
xNのフェノール試薬(500uL)+0.075 mg/mLクロロゲン酸水溶液(500μL)+10%炭酸ナトリウム水溶液(500uL)6)
スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)の関係7)
マイクロプレートリーダー使ったときのクロロゲン酸の終濃度 vs 吸光度8)



xNのフェノール試薬(500uL)+0.075 mg/mLクロロゲン酸水溶液(500μL)+10%炭酸ナトリウム水溶液(500uL)グラフ.

スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)グラフ.

マイクロプレートリーダーを使ったときのクロロゲン酸の終濃度 vs 吸光度 グラフ.

(1) , クロロゲン酸の酸化的ストレス下ラットにおける酸化防御能の検討 : 修論. 24回. 食栄. 土屋智史. 1995.3// 土屋 智史, , (2014).
(2簡易吸光光度計の開発と総ポリフェノール量分析への応用
林展生, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2007).
(3スキャナを用いる多検体同時比色分析法の研究 ―総ポリフェノール量の定量―
高瀬 雄大, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(4フォーリン・チオカルト法とデジタル画像処理を用いた総ポリフェノール量の比色分析
大木 乃梨子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(5抗酸化剤投与ラットの酸素曝露下におけるin vivo ESR計測
山内公仁, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(6xNのフェノール試薬(500uL)+0.075 mg/mLクロロゲン酸水溶液(500μL)+10%炭酸ナトリウム水溶液(500uL)グラフ.
(7スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)グラフ.
(8マイクロプレートリーダーを使ったときのクロロゲン酸の終濃度 vs 吸光度 グラフ.

物性

物性・特性
id物理量数値
541融点/°C205

この 材料 クロロゲン酸 の成分( 化学種

この 材料 クロロゲン酸の細目

サンプル 内部資料

  • クロロゲン酸849 ' C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)
  • クロロゲン酸C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • クロロゲン酸キャビネット(棚)の名称
  • クロロゲン酸キャビネット(棚)の名称
  • クロロゲン酸キャビネット(棚)の名称
  • クロロゲン酸キャビネット(棚)の名称
  • クロロゲン酸0.5水和物キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


      2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
    酸素ガス 酸素 空気 製鉄
    水素ガス 水素 LNG
    液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    液化アンモニアガス アンモニア 空気
    液化塩素ガス 塩素 海水 電解
    アセチレンガス アセチレン 溶接
    可燃性ガス プロパン 石油 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
    毒性ガス 毒性ガス
    その他のガス アルゴン

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=1315


    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.