🏠
🌡️ 📆 令和5年2月3日
⇒#996@材料;

🏞 コバルト及びその化合物



コバルト及びその化合物の大綱となる 材料は、@です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 コバルト及びその化合物
危険性

物性

物性・特性
id物理量数値

この 材料 コバルト及びその化合物 の成分( 化学種

この 材料 コバルト及びその化合物の細目

サンプル 内部資料

  • コバルト及びその化合物部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • コバルト及びその化合物(2011年度からPRTR集計用)キャビネット(棚)の名称
  • コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 廃液タンク(テスト)キャビネット(棚)の名称
  • コバルト及び水溶性化合物(2009年度PRTR集計用)キャビネット(棚)の名称
  • コバルト及びその化合物(2006年度PRTR集計用)キャビネット(棚)の名称
  • コバルト及びその化合物(2005年度PRTR集計用)キャビネット(棚)の名称
  • コバルト及びその化合物(PRTR2004)キャビネット(棚)の名称
  • コバルトおよびその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 塩化コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 硝酸コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • コバルト(II)アセチルアセトナート二水和物キャビネット(棚)の名称
  • 四三酸化コバルトキャビネット(棚)の名称
  • 硝酸コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 硝酸コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 小白川産廃コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 小白川公共用水域コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 小白川大気コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 鶴岡産廃コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 鶴岡公共用水域コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 鶴岡大気コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 飯田産廃コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 飯田公共用水域コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 飯田大気コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 米沢産廃コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 米沢公共用水域コバルト及びその化合物キャビネット(棚)の名称
  • 塩化コバルト六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 塩化コバルトキャビネット(棚)の名称
  • 硝酸コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 硝酸コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 硝酸コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 硝酸コバルト(Ⅱ)六水和物キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    物質の分類

    物質 純物質 単体 化合物 混合物 均一混合物 不均一混合物
      1 *  物質の分類
    03.エネルギー化学 01.無機工業化学

    物質は、 温度や圧力 によって、様々な状態をとります。 物質が固体、液体、気体、 超臨界流体のいずれの 状態を示した図を 状態図と言います。 分子結晶は、昇華しやすく、 イオン結晶は、融点や沸点が高いです。


      2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
    酸素ガス 酸素 空気 製鉄
    水素ガス 水素 LNG
    液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    液化アンモニアガス アンモニア 空気
    液化塩素ガス 塩素 海水 電解
    アセチレンガス アセチレン 溶接
    可燃性ガス プロパン 石油 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
    毒性ガス 毒性ガス
    その他のガス アルゴン

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=996


    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.