⇒3532@材料;

有機溶媒




有機溶媒の大綱となる 材料は、有機材料です。

有機物からなる溶媒リチウムイオン次電池では高誘電率溶媒と低粘度溶媒の混合溶媒使います

化学種
アルコール
エーテル
1,2-ジメトキシエタンDME1)
ケトン
ニトリル
その他
プロピレンカーボネートPC2)
エチレンカーボネートEC3)
ジメチルカーボネートDMC4)
エチルメチルカーボネートEMC5)


プロピレンカーボネート6)
アセトニトリル7)
ジメチルホルムアミド8)
ジメチルスルホキシド9)
テトラヒドロフラン10)
トリエチルモノメチルアンモニウムイオン11)
アセトニトリル12)

関連書籍
電解液13)
溶媒の性質と分類14)

関連講義
エネルギー変換化学特論,電解質溶媒15)



エネルギ > 【201 > 有機材料 > 電解質と溶媒,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(11,2-ジメトキシエタン1,2-DimethoxyethaneCH3OCH2CH2OCH3, = 90.1222 g/mol, (化学種).
(2プロピレンカーボネートC4H5O3, = 101.0819 g/mol, (化学種).
(3エチレンカーボネートC3H4O3 , = 88.06296 g/mol, (化学種).
(4ジメチルカーボネートC3H6O3, = 90.07884 g/mol, (化学種).
(5エチルメチルカーボネートC4H8O3, = 104.10572 g/mol, (化学種).
(6プロピレンカーボネートC4H5O3, = 101.0819 g/mol, (化学種).
(7アセトニトリルAcetonitrileCH3CN, = 41.05252 g/mol, (化学種).
(8ジメチルホルムアミドDimethylformamide(CH32NCHO, = 73.09468 g/mol, (化学種).
(9ジメチルスルホキシドDimethyl sulfoxide(CH3)2SO, = 78.13504 g/mol, (化学種).
(10テトラヒドロフランtetrahydrofuranC4H8O , = 72.10692 g/mol, (化学種).
(11トリエチルモノメチルアンモニウムイオン N(C2H5)3CH3+, = 87.16492 g/mol, (化学種).
(12アセトニトリルAcetonitrileCH3CN, = 41.05252 g/mol, (化学種).
(13電気化学 > 電解液
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(14 > 溶媒の性質と分類
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).
(15エネルギ > 【201 > 有機材料 > 電解質と溶媒,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

この 材料 有機溶媒 の成分( 化学種

この 材料 有機溶媒の細目

サンプル 内部資料