🏠
🌡️ 📆 令和5年2月4日
⇒#3560@材料;

🏞 混合溶媒



混合溶媒の大綱となる 材料は、有機溶媒です。

表   1 材料の諸元
項目 内容
名称 混合溶媒
危険性

【材料】エチレンカーボネート1)

【化学種】
アルコール:
エーテル:
1,2-ジメトキシエタン(DME)2)
ケトン:
ニトリル:
その他:
プロピレンカーボネート(PC)3)
エチレンカーボネート(EC)4)
ジメチルカーボネート(DMC)5)
エチルメチルカーボネート(EMC)6)

プロピレンカーボネート7)
アセトニトリル8)
ジメチルホルムアミド9)
ジメチルスルホキシド10)
テトラヒドロフラン11)
トリエチルモノメチルアンモニウムイオン12)
アセトニトリル13)

【関連書籍】
電解液14)
溶媒の性質と分類15)


(1@ > ã‚¨ãƒãƒ¬ãƒ³ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒãƒ¼ãƒˆ
エチレンカーボネート, (材料).
(21,2-ジメトキシエタン1,2-DimethoxyethaneCH3OCH2CH2OCH3, = 90.1222 g/mol, (化学種).
(3プロピレンカーボネートC4H5O3, = 101.0819 g/mol, (化学種).
(4エチレンカーボネートC3H4O3 , = 88.06296 g/mol, (化学種).
(5ジメチルカーボネートC3H6O3, = 90.07884 g/mol, (化学種).
(6エチルメチルカーボネートC4H8O3, = 104.10572 g/mol, (化学種).
(7プロピレンカーボネートC4H5O3, = 101.0819 g/mol, (化学種).
(8アセトニトリルAcetonitrileCH3CN, = 41.05252 g/mol, (化学種).
(9ジメチルホルムアミドDimethylformamide(CH3)2NCHO, = 73.09468 g/mol, (化学種).
(10ジメチルスルホキシドDimethyl sulfoxide(CH3)2SO, = 78.13504 g/mol, (化学種).
(11テトラヒドロフランtetrahydrofuranC4H8O , = 72.10692 g/mol, (化学種).
(12トリエチルモノメチルアンモニウムイオン N(C2H5)3CH3+, = 87.16492 g/mol, (化学種).
(13アセトニトリルAcetonitrileCH3CN, = 41.05252 g/mol, (化学種).
(14電気化学 > é›»è§£æ¶²
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(15 > æº¶åª’の性質と分類
伊豆津公佑, 非水溶液の電気化学, 培風館, (1995).

物性

表物性・特性
id物理量数値

この 材料 混合溶媒 の成分( 化学種 )

この 材料 混合溶媒の細目

サンプル ( 内部資料 )

製品

材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


物質の分類

物質 純物質 単体 化合物 混合物 均一混合物 不均一混合物
図   1 *  ç‰©è³ªã®åˆ†é¡ž
03.エネルギー化学 01.無機工業化学

物質は、 温度や圧力 によって、様々な状態をとります。 物質が固体、液体、気体、 超臨界流体のいずれの 状態を示した図を 状態図と言います。 分子結晶は、昇華しやすく、 イオン結晶は、融点や沸点が高いです。


表   2 高圧ガス容器
高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
◇ 酸素ガス 酸素 空気 製鉄
◇ 水素ガス 水素 燃 LNG
◇ 液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
◇ 液化アンモニアガス アンモニア 燃 毒 空気
◇ 液化塩素ガス 塩素 毒 海水 /電解
アセチレンガス アセチレン 燃 溶接
可燃性ガス プロパン 燃 石油 燃料
可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス 燃 毒
毒性ガス 毒性ガス 毒
その他のガス アルゴン

可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3560


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.