HOME 教育状況公表 令和4年8月14日
⇒#1898@材料;

🏞 フェノール試薬



フェノール試薬の大綱となる 材料は、フェノール試薬です。

  1 材料の諸元
項目 内容
名称 フェノール試薬
危険性

フォーリン-チオカルト法などで使用する試薬1)

ポリフェノールの分析の研究に使用されています2)3)

フェノール試薬の成分組成4)

藤田らは2013年にFolin-Chiocalteu colorimetric analysis using a scanner for rapid determination of total polyphenol content in many test samplesについて報告しスキャナーよる低コスト分析きると述べている5)


グラフ
.フォーリンチオカルト法の紫外可視吸収スペクトル6)
クロロゲン酸溶液の濃度とLog10(R0/R)の関係7)
xNのフェノール試薬(500uL)+0.075 mg/mLクロロゲン酸水溶液(500μL)+10%炭酸ナトリウム水溶液(500uL)8)
スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)の関係9)
マイクロプレートリーダー使ったときのクロロゲン酸の終濃度 vs 吸光度10)

Ganesh N. Shらは2011年にPhytochemical Screening and Estimation of Total Phenolic Content in Aegle marmelos Seedsについてと述べておりフェノール試薬体積分率は10パーセントあると述べている11)



フェノール試薬の成分組成
伊藤 智博, 研究ノート, (2012).

フォーリンチオカルト法の紫外可視吸収スペクトル(参考)グラフ.

クロロゲン酸溶液の濃度とLog10(R0/R)の関係グラフ.

xNのフェノール試薬(500uL)+0.075 mg/mLクロロゲン酸水溶液(500μL)+10%炭酸ナトリウム水溶液(500uL)グラフ.

スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)グラフ.

マイクロプレートリーダーを使ったときのクロロゲン酸の終濃度 vs 吸光度 グラフ.

(1ISO 14502-1 Determination of substances characteristic of green and black tea -- Part 1: Content of total polyphenols in tea -- Colorimetric method using Folin-Ciocalteu reagent
International Organization for Standardization, International Organization for Standardization, (2005).
(2うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
加賀 いづみ, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(3フォーリン・チオカルト法とデジタル画像処理を用いた総ポリフェノール量の比色分析
大木 乃梨子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(4フェノール試薬の成分組成
伊藤 智博, 研究ノート, (2012).
(5Folin-Chiocalteu colorimetric analysis using a scanner for rapid determination of total polyphenol content in many test samples
Naoki Fujita, Yu Saito, Yuta Nitto, Tomohiro Ito, Hitoshi Mizuguchi, Masatoshi Endo, and Tateaki Ogata, Studies in Science and Technology, (2013).
(6フォーリンチオカルト法の紫外可視吸収スペクトル(参考)グラフ.
(7クロロゲン酸溶液の濃度とLog10(R0/R)の関係グラフ.
(8xNのフェノール試薬(500uL)+0.075 mg/mLクロロゲン酸水溶液(500μL)+10%炭酸ナトリウム水溶液(500uL)グラフ.
(9スキャナによるクロロゲン酸の濃度とLog10(XYZ0/XYZ)グラフ.
(10マイクロプレートリーダーを使ったときのクロロゲン酸の終濃度 vs 吸光度 グラフ.
(11Phytochemical Screening and Estimation of Total Phenolic Content in Aegle marmelos Seeds
Ganesh N. Sharma, Susheel K. Dubey, Nitin Sati, Jyotsana Sanadya, international journal of pharmaceutical and clinical research,3,27(2011).

物性

物性・特性
id物理量数値

この 材料 フェノール試薬 の成分( 化学種

この 材料 フェノール試薬の細目

サンプル 内部資料

  • フェノール試薬C1講座(磁気共鳴計測グループ実験室)szCabinet
  • フェノール試薬C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)szCabinet
  • フェノール試薬C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)szCabinet
  • フェノール試薬部屋番号・研究室名?キャビネット(棚)名?
  • フェノール試薬C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬 (MP Biomedicals, Inc.)C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノールキャビネット(棚)の名称
  • フェノールキャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • フェノール試薬キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


      2 高圧ガス容器
    高圧ガスの分類 ガスの名称 性質 原料/製法 用途
    酸素ガス 酸素 空気 製鉄
    水素ガス 水素 LNG
    液化炭酸ガス 二酸化炭素 消火
    液化アンモニアガス アンモニア 空気
    液化塩素ガス 塩素 海水 電解
    アセチレンガス アセチレン 溶接
    可燃性ガス プロパン 石油 燃料
    可燃性・毒性ガス 可燃性・毒性ガス
    毒性ガス 毒性ガス
    その他のガス アルゴン

    可燃性ガスと不燃性ガスでは、ねじの切る向きが違います。 *


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=1898


    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
    3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.