HOME 教育状況公表 本日
⇒#3580@材料;

結着材


材料】結着材⇒#3580@材料;

結着材の大綱となる 材料は、です。

合材スラリー活物質導電助材結着材混ぜて集電体に塗布乾燥して電極とする

正極合材正極活物質導電助材結着材正極集電体に塗布乾燥して正極とする

負極合材負極活物質導電助材結着材負極集電体に塗布乾燥して負極とする

導電助材の必要量は活物質比表面積 S 〔m2/kgに比例します結着材の必要量は導電助材比表面積 S 〔m2/kg活物質比表面積 S 〔m2/kgの和に比例しますよって電極の厚み t 〔m薄くするため活物質粒径 r 〔m小さくするとより高機能な導電助材結着材が求められます

比表面積 S 〔m2/kg÷粒径 r 〔m×密度 d 〔kg/m³

関連書籍バインダー1)

材料PVdF

化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~2)


化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~

この 材料 結着材 の成分( 化学種

この 材料 結着材の細目

物性

サンプル 内部資料

製品

材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3580

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.