HOME 教育状況公表 本日
⇒#1589@講義;

  交流インピーダンス法(測定をメインに)

http://www.johokiko.co.jp/seminar_electric/AB080902.php

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(交流インピーダンス法(測定をメインに))の親単元は 測定と評価 です。


インピーダンス測定
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . )
交流回路とインピーダンス
(中村英二、吉沢康和. 新訂物理図解. 第一学習社, . )

レビュー

腐食電位と腐食電流
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . )

電気抵抗 R 〔Ω拡張した概念であり周波数 f 〔Hzの関数です

電流 I 〔A電圧 V 〔V

クロノポテンショメトリー1)クロノアンペロメトリー2)のような時間 t 〔sドメイン測定換算して得ることもあります

関数発生器オシロスコープ

インピーダンス Z 〔Ωレジスタンス電気抵抗 R 〔Ω実数リアクタンス X 〔Ω虚数和です

アドミタンスアドミタンス Y 〔Sインピーダンスの逆数でコンダクタンス G 〔S実数サセプタンス B 〔S虚数和です

物理量角周波数 ω 〔位相差 φ 〔radセル定数 a 〔1/m

コールコールプロット3)ボーデプロボーデプロット(減衰定数)4)ナイキストプロット5)などのほか電圧アドミタンス6)電圧位相差7)などが使われます

電流―電圧曲線8)基本概念です

物性値と結びつけるにはセル定数など寸法にかかわる物理量が必要です

インピーダンス測定による乾燥プロセスの解析について報告しているリチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析9)

インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリー分散状態評価ついて報告しているインピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価10)

雨宮隆藤島昭らは1993年にインピーダンス測定−さまざまな伝達関数解析について系の線形性の重要性インピーダンスの記述がありますと述べているインピーダンス測定−さまざまな伝達関数解析11)

石川正司らは2009年に分極曲線サイクリクボルタンメトリーキャパシタについて分極曲線サイクリクボルタンメトリーキャパシタと述べている分極曲線・サイクリックボルタンメトリー(6)キャパシタ12)

まきは2010年にそれまでの研究液晶プローブした炭素材料表面の評価というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析13)

講演

2007年10月【講演】インピーダンス_情報機構@東京

2008年9月インピーダンス東京【講演】インピーダンス@東京

電気化学におけるインピーダンス測定法14)

2009 インピーダンス測定の基礎とデータ解析の仕方考え方第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方15)

インピーダンスセミナー16)インピーダンスセミナー17)

電極構造の理解とスラリー調整インピーダンス測定の基礎,第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方18)

電池材料開発者のための電気化学インピーダンス測定19)

学会発表

異種界面接触によるアルミニウム陽極酸化皮膜の絶縁破壊

山口晃…らは1993年に広島で開催された第34回電池討論会において単正弦波相関法によるリチウム次電池の性能評価について報告している単一正弦波相関法によるリチウム二次電池の性能評価20)

卒業論文

かねIn situインピーダンス測定による炭素混合合材電極と純活物質薄膜電極の比較21)

論文発表

と述べているDevelopment of In situ a.c.impedance measuremet system under constant-current conditions and its application to galvanostatic discharge of electrolytic manganese dioxide in alkaline solution22)

関連書籍

インピーダンス測定
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . )

交流回路になぜjωが使われるか
(後藤尚久著. なっとくする電磁気学. 講談社, . )

電気化学インピーダンス4リチウムイオン電池電気化学インピーダンス(4)リチウムイオン電池23)

関連講義インピーダンス測定解析入門,インピーダンス測定のデモ24)


クロノポテンショメトリー
クロノアンペロメトリー
関数発生器
オシロスコープ
リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価
2007年10月
【講演】インピーダンス_情報機構@東京
2008年9月
【講演】インピーダンス@東京
第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方
インピーダンスセミナー
第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方
単一正弦波相関法によるリチウム二次電池の性能評価
インピーダンス測定のデモ

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 交流インピーダンス法(測定をメインに) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1589'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1589 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-8-17">2018-8-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1589

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.