🏠
🌡️ 📆 令和5年2月9日

発酵

1.

炭水化物などの有機物が微生物の酵素などの作用によって嫌気呼吸とともに分解され、人間にとって有用な物質ができる場合を発酵と言います1)2)。

アルコール発酵、乳酸発酵3)、酪酸発酵、酢酸発酵などがあります。またアミノ酸も発酵により得ています4)5)。

納豆、味噌、醤油、酒、チーズ、ヨーグルトなどいろいろな発酵食品の製造技術に利用されています6)7)8)。また家庭から出る生ゴミは微生物発酵によって堆肥としてリサイクルしたりします。同じ微生物の働きでもうれしい方を発酵といい困る方を腐敗といいます#28069)10)。

蒸留、蒸発、発酵、抽出、攪拌、晶析などの操作は化学プラントでは重要な操作です。

【関連講義】
お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,酢の里11)
お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,八丁味噌の郷12)

【動画】13)
ピカッとさいえんす「菌(DNA)」
http://c1.yz.yam…


高等学校 > é«˜æ ¡ç”Ÿç‰© > ç”Ÿç‰©ã®é€² > åŽŸæ ¸ç”Ÿç‰© > ç´°èŒé¡žï¼ˆãƒã‚¯ãƒ†ãƒªã‚¢ï¼‰,原核生物
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

食品&飲 > ãƒŸãƒ«ã‚¯ãƒ•ã‚¡ãƒ¼ãƒ è”µçŽ‹,食品&飲料
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).

ミュージ > ç§‘学館( > é£Ÿã¨ãã‚‰ã—の小さな博物館,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).

特になし > é…¢ã®é‡Œ,特になし
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).

特になし > å…«ä¸å‘³å™Œã®éƒ·,特になし
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).

ピカッと > èŒ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).

(1高等学校 > é«˜æ ¡ç”Ÿç‰© > ç”Ÿç‰©ã®é€² > åŽŸæ ¸ç”Ÿç‰© > ç´°èŒé¡žï¼ˆãƒã‚¯ãƒ†ãƒªã‚¢ï¼‰,原核生物
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2 > ä»£è¬ï¼å‹•ç‰©ç”Ÿç†å­¦ã€æ¤ç‰©ç”Ÿç†å­¦ã€ç”ŸåŒ–学、有機化学
実教出版, サイエンスビュー生物総合資料, 実教出版, (2006).
(3食品&飲 > ãƒŸãƒ«ã‚¯ãƒ•ã‚¡ãƒ¼ãƒ è”µçŽ‹,食品&飲料
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).
(4ミュージ > ç§‘学館( > é£Ÿã¨ãã‚‰ã—の小さな博物館,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2009).
(5生物化学 > å¾®ç”Ÿç‰©ç”Ÿç”£ãƒ—ロセス
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(6 > é£Ÿå“å·¥æ¥­æŠ€è¡“概説(目次)
鴨居郁三、堀内久弥、高野克己, 食品工業技術概説, 恒星社厚生閣, (1997).
(7 > ç™ºé…µé£Ÿå“ãŠã‚ˆã³èª¿å‘³æ–™
鴨居郁三、堀内久弥、高野克己, 食品工業技術概説, 恒星社厚生閣, (1997).
(8 > èª¿ç†ã®åŒ–å­¦
杉田浩一著, 調理のコツの科学 : うまさを生み出す知恵を解明, 講談社, (1989).
(9 > å·¥æ¥­åŒ–学概論(目次)
山田保,尾藤忠旦著, 工業化学概論, 朝倉書店, (196).
(10 > ç”Ÿä½“の構成とエネルギー
鈴木孝仁, 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録, 数研出版, (2000).
(11特になし > é…¢ã®é‡Œ,特になし
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).
(12特になし > å…«ä¸å‘³å™Œã®éƒ·,特になし
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).
(13ピカッと > èŒ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).