HOME 教育状況公表 本日
⇒#3589@材料;

DRD156


材料】DRD156⇒#3589@材料;

DRD156の大綱となる 材料は、DRD156です。

エンドペルオキシド+DRD156+PBSのESRチャート1)示すここ横軸磁束密度 B 〔Tあり縦軸吸収率 x 〔ある

 エンドペルオキシド+DRD156+PBS
非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究2)

関連グラフ

 DRD156ラジカルの経過時間とESR信号強度の関係

DRD156エンドペルオキシドESRスペクトルESRチャート3)

 DRD156+エンドペルオキシドのESRスペクトル
 エンドペルオキシド+DRD156+PBS

 エンドペルオキシド+DRD156+Trolox

分子軌道計算によるDRD156UV Vis

 分子軌道計算によるDRD156のUV Vis by YZDN\

関連テーマ

重項酸素非水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討4)水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討5)

学会

人工知能を使ったESRスペクトルの識別技術6)

関連ノート

DRD156の分子軌道計算

関連表

重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)

 一重項酸素発生系(DRD156とEosinYの関係)

文献

Kashi Igarasらは1999年にNew sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopyというタイトル発表DRD1567)の合成方法について述べているNew sensitive agents for detecting singlet oxygen by electron spin resonance spectroscopy8)

人工知能を使ったESRスペクトルの識別技術

この 材料 DRD156 の成分( 化学種

この 材料 DRD156の細目

物性

サンプル 内部資料

  • DRD156850キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=3589

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.