HOME 教育状況公表 本日
⇒#511@卒論;
2011 卒業論文

非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究

山形大学  物質化学工学科  尾形・伊藤(智)研    古跡 勇人

卒業論文提出(最終) 2010 2011

卒論】非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究⇒#511@卒論;
非水溶媒系における一重項酸素の消去能評価法の研究
古跡 勇人, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2011).



    研究では重項酸素発生系として光増感法用いて非水溶媒系における抗酸化剤の重項酸素消去能評価法確立すること目的する具体的には溶媒DMFCDCl3含む用い光増感剤にはリボフラビンRf重項酸素捕捉剤にはDRD156用いて重項酸素に対するラジカル化剤DRD156および抗酸化剤の競争反応利用して消去評価する

    材料DRD1561)

    エンドペルオキシド+DRD156+PBSのESRチャート2)示すここ横軸磁束密度BTあり縦軸吸収率xあることがわかるエンドペルオキシド+DRD156+PBS3)

    後輩
    重項酸素非水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討4)水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討5)

    先輩
    岩〜尚は2008年にそれまでの研究4種の活性酸素消去能評価法の開発と抗酸化総合評価への応用というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した4種の活性酸素消去能評価法の開発と抗酸化総合評価への応用6)
    戸〜子は2008年にそれまでの研究ESR法による重項酸素消去能評価法の研究というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業したESR法による一重項酸素消去能評価法の研究7)


    薬品保管用冷蔵庫の奥から出てきた使用済み試薬8)



    エンドペルオキシド+DRD156+PBSグラフ.

    (1DRD1 > DRD156
    DRD156DRD156, (材料).
    (2ESRチャート,磁束密度,吸収率, (プロット).
    (3エンドペルオキシド+DRD156+PBSグラフ.
    (4非水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討
    小川 祐美衣, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
    (5水溶液中における一重項酸素の発生系と捕捉剤の検討
    荒川 直宙, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
    (64種の活性酸素消去能評価法の開発と抗酸化総合評価への応用
    岩澤 秀尚, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2008).
    (7ESR法による一重項酸素消去能評価法の研究
    戸巻 美紀子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
    (8薬品保管用冷蔵庫の奥から出てきた使用済み試薬.


    実験方法

    工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

    準備するもの

    サンプル 履歴

    作成手順

    消耗品履歴

    評価の方法

    装置使用履歴

    結果と考察

    物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

    研究ノート

    グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

    図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

    参考文献書籍雑誌口頭発表URL

    <li> <article> 古跡 勇人. <q><cite> </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=299'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=299</a>, (参照 <time datetime="2018-12-17">2018-12-17</time>). </article> </li>


    卒業論文 ©Copyright  2011   古跡 勇人,  山形大学  All rights reserved.