⇒#538@反応;

DMPOとスーパーオキシドの反応




=0

DMPOスーパーオキシド反応

次反応速度定数は10 [/M/s](at pH=7.8)であるSpin trapping. Kinetics of the reaction of superoxide and hydroxyl radicals with nitrones1)

関連卒論電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価2)

出版Yasuhiroらは2014年にDevelopment of a Flow-injection Spin-trapping ESR System for Estimation of Second-order Rate Constants for Reactions of a Superoxide Radical Anion and Selected Phenolic Compoundsについてと述べておりDMPOスーパーオキシド次反応速度は2.4 [/M/s]であると述べているDevelopment of a Flow-injection Spin-trapping ESR System for Estimation of Second-order Rate Constants for Reactions of a Superoxide Radical Anion and Selected Phenolic Compounds3)

出版Yu Saito, Kaらは2014年にPseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compoundについてスーパーオキシドアニオンラジカルフェノール化合物反応速度桁で求めている フェノール化合物の純度はどれくらいだろうか? 共著者関連テーマ 電解生成スーパーオキシド用いると述べておりDMPO次反応速度定数は30トルモル毎秒であると述べているPseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound4)


関連ノート
スーパーオキシドアニオンラジカルとDMPOの反応速度定数の調査5)

関連グラフ
pH=4.09.0におけるDMPOとO2(-)次反応速度定数pH=4.0~9.0におけるDMPOとO2(-)の二次反応速度定数k6)



スーパーオキシドアニオンラジカルとDMPOの反応速度定数の調査
伊藤 智博, 研究ノート, (1).

pH=4.0~9.0におけるDMPOとO2(-)の二次反応速度定数kグラフ.

(1Spin trapping. Kinetics of the reaction of superoxide and hydroxyl radicals with nitrones
Eli Finkelstein , Gerald M. Rosen , Elmer J. Rauckman , j. am. chem. soc.,102,4994(1980).
(2電解生成スーパーオキシドを用いるポリフェノール類の抗酸化能評価
木村 祐哉, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(3Development of Flow-injection Spin-trapping ESR System for Estimation of Second-order Rate Constants for Reactions of Superoxide Radical Anion and Selected Phenolic Compounds
Yasuhiro Sakurai, Tomoko Yamaguchi, Akira Nakajima, Kenji Kanaori, Kunihiko Tajima, chemistry letters,43,527(2014).
(4Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound
Yu Saito, Kazuki Yanagisawa, Yuki Kimura, Yuta Nitto, Hiroyuki Noda, Tatsuro Kijima and Tateaki Ogata, 科学・技術研究,3,151(2015).
(5スーパーオキシドアニオンラジカルとDMPOの反応速度定数の調査
伊藤 智博, 研究ノート, (1).
(6pH=4.0~9.0におけるDMPOとO2(-)の二次反応速度定数kグラフ.

化学式
参照極 の種類と 標準酸化還元電位
備考
銀|塩化銀電極 AgCl + e- ↔   Ag + Cl-Eº = 0.2223V* 温度Cl-濃度依存
水銀|塩化水銀電極 Hg2Cl2 + 2e- ↔   2Hg(l) + 2Cl-Eº = 0.26816V * 温度Cl-濃度依存
水銀|酸化水銀電極 HgO + H2O + 2e- ↔   Hg(l) + 2OH-Eº = 0.0977V * アルカリ用、温度、OH-濃度に依存
水銀|硫酸水銀電極 Hg2SO4 + 2e- ↔   2Hg(l) + SO42-Eº = 0.613V * 酸性用、温度、SO42-濃度に依存
05.エネルギー化学 07.エネルギー化学 10.エネルギー化学 化学実験 03.エネルギー化学特論 4.6. 参照電極, 89
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法 . 技報堂出版,1984-1-1 ( 参照 2021-6-29 ) .
*  化学式
化学種 式の種類
水素 元素記号 H
分子式 H2O
電子式 H:O:H
示成式 H-O-H
構造式 H-O-H
水素分子 分子式(化学式) H2
硫酸アルミニウム 組成式(化学式) 3Al2(SO4)3
炭酸イオン イオン式(化学式) CO32-
ダニエル電池 電池式 Zn | Zn2+ || Cu2+ | Cu
化学式には、組成式、構造式、示性式、電子式などがあります。 デジタル情報としては、 SMILES記法などがあります。 また伝統的なファイル形式として、mol形式などがあります。 XML形式としては、CML形式などがあります。