HOME 教育状況公表 本日
⇒#191@研究ノート;

【学会】第21回奈良まほろばコンファレンス@奈良県奈良市

日時
関係者(共同研究者)

http://www.ne.jp/asahi/ars/sfj/

第21回奈良まほろばコンファレンス@奈良県奈良市

21回奈良まほろばコンファレンス1)
リチウムイオン次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム2)
http://www.ne.jp…

宿泊奈良ロイヤルホテル

主催表面技術協会金属アノード酸化皮膜機能化部会ARS3)

協賛日本化学会電気化学学会応用物理学会軽金属学会日本表面科学依頼中

日時平成16102113時~2215
場所簡保の宿奈良奈良市条町 TEL0742-33-2351
奈良県4)
近鉄大和西大寺駅下車徒歩15

1021

1415 開会の挨拶 代表幹事近畿大理工  伊藤征司郎

直流チングにより高配向アルミニウムに形成されるトンネルの生成機構の解明 東京理科大理工 小浦延幸宇井幸

MOCVDおよび電気泳動ゾルゲルコーティングアノード酸化組み合わせた複合酸化物皮膜の形成プロセス 北大院工 高橋英明

In-lens, utra-high resolution BSE imagingによるAlアノード酸化皮膜の観察 慶応義塾大 清水健 Carl Zeiss 立花繁明北大院工 幅崎浩樹

休憩20

特別講演  陽極酸化中の焼け発生理論と高速皮膜生成及び皮膜の物性について  武蔵工大名誉教授  星野重夫


2日目 1022日(金)

ポスター発表(展示) 1621日から22日朝に変更

8:509:30 リチウムイオン次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム 山形大工  立花和宏5)

9:3010:10 将来型電気二重層キャパシタ目指した材料開発  関西大工  石川正司

10:1010:40 電気二重層キャパシタの最新技術    日本ケミコン()基礎研究センター   玉光賢次




【学会】ARS
立花和宏, 研究ノート, (2005).

奈良県,近畿地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

【講演】リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム
立花和宏, 研究ノート, (2004).

(1リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム
立花 和宏, 第21回ARS奈良まほろばコンファレンス, (2004).
(2リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2008).
(3【学会】ARS
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4奈良県,近畿地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(5【講演】リチウムイオン二次電池およびEDLCのための集電極としてのアルミニウム
立花和宏, 研究ノート, (2004).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=191

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.