C1 Laboratory

長月

September

1996/9/01~1996/10/01


c1  1996  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


1996年9月


 1)小寒大寒
 2)立春雨水
 弥生3)啓蟄春分
 4)清明穀雨
 5)立夏小満
 水無6)芒種入梅夏至
 7)半夏生小暑大暑
 8)立秋処暑
 9)白露秋分
10神無10)寒露霜降
1111)立冬小雪
12師走12)大雪冬至

20120913)
201114)
201015)
200916)
200817)
200718)
200619)
200520)
200421)
200322)
200223)
200124)
200025)
199826)
199727)
199528)



高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 2月(如月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 5月(皐月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 6月(水無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 7月(文月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 9月(長月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 10月(神無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).

高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 12月(師走),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

2012年09月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2011年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2010年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

2009年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

2008年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2007年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

2006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2005年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2004年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

2003年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

2002年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

2001年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

2000年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

1998年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

1997年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

1995年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

(1高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 1月(睦月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2003).
(2高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 2月(如月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(3高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 3月(弥生),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(4高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 4月(卯月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(5高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 5月(皐月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(6高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 6月(水無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(7高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 7月(文月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).
(8高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 8月(葉月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2011).
(9高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 9月(長月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(10高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 10月(神無月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(11高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 11月(霜月),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2012).
(12高等学校 > 地学(高 > 暦(カレ >  > 12月(師走),
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(132012年09月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(142011年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(152010年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(162009年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(172008年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(182007年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(192006年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(202005年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(212004年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(222003年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(232002年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(242001年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(252000年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(261998年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(271997年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(281995年9月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

1996年9月

【学会】第37回電池討論会@東京都目黒区

37電池討論会東京都目黒区1)

松木先生といっしょに加し内田先生や仁科先生と討論しました

2)
小又,正弦波相,37電池3)
岩佐和弘,電池正極活物,37電池4)

東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学大岡山キャンパス

大岡山キャンパス5)

宿泊KKRニュー目黒

1996平成年度研究ノート6)
電池討論会7)



東京都,関東地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

デジタルサイクリックボルタモグラムにおけるノイズ゙解析によるリチウム二次電池正極活物質の評価
立花和宏,第37回電池討論会, (1996).

単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定
小又一義,第37回電池討論会, (1996).

電池正極活物質評価用セルとそれを用いた反応速度解析
岩佐和弘,第37回電池討論会, (1996).

◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).

【学会】電池討論会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

(1東京都,関東地方
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(2デジタルサイクリックボルタモグラムにおけるノイズ゙解析によるリチウム二次電池正極活物質の評価
立花和宏,第37回電池討論会, (1996).
(3単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定
小又一義,第37回電池討論会, (1996).
(4電池正極活物質評価用セルとそれを用いた反応速度解析
岩佐和弘,第37回電池討論会, (1996).
(5大岡山キャンパスキャンパス.
(6◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).
(7【学会】電池討論会
立花和宏, 研究ノート, (2008).

【学会】第37回電池討論会@東京都目黒区

1996年10月

199610月
by 立花和宏

1996年10月

【学会】ツーソン

IBAで酸化マンガンの発表しました
1996/10/01-02

立花和宏,松…らは1997年にProposal for an accrate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cellPart.1Test results EMD in KOH and LiMn2O4 in organic electrolyteについて報告しアルカリ乾電池使われる電解酸化マンガンEMDリチウムイオン次電池に使われるマンガンリチウムLiMn2O4簡便で迅速な評価方法開発した ツーソン1)…と述べている2)

1996平成年度研究ノート3)



ツーソン
立花和宏, 研究ノート, (1996).

◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).

(1ツーソン
立花和宏, 研究ノート, (1996).
(2Proposal for an accrate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(Part.1):Test results EMD in KOH and LiMn2O4 in organic electrolyte
立花和宏,松木健三,小沢昭弥, Progress in Batteries & Battery Materials, V.16, N.0, pp.322-331, (1997).
(3◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).

【学会】ツーソン

ツーソン

アメリカ1)ツーソンアルカリマンガン乾電池発表しました

1996平成年度研究ノート2)
立花和宏,10th I,10th I3)



アメリカ,海外
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).

10th IBA BATTERY Materials Symposium
立花和宏, 10th IBA BATTERY Materials Symposium, (1996).

(1アメリカ,海外
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).
(310th IBA BATTERY Materials Symposium
立花和宏, 10th IBA BATTERY Materials Symposium, (1996).

ツーソン
  • ?

  • 研究ノート追加
    詳細
    山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3753
    http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/