HOME 教育状況公表 本日
⇒#2808@講義;

  学会発表2009@C1

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2009.html

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(学会発表2009@C1)の親単元は 【2009年度(平成21)卒業研究】 です。

初版
学会発表20111)
学会発表20082)
学会発表20073)
学会発表20064)
学会発表20045)
学会発表20036)
学会発表20027)
学会発表20018)
学会発表19999)
学会発表199810)

液晶スラリーといった実用的な観点からの発表しました電気重層双極子といった概念復習しながら改めて電気化学の奥の深さ思いました

森田 茉季,…らは2010年に富山大学キャンパス(富山市3190) で開催された電気化学会第77回大会において液晶場プローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価について報告している11)

◆電池討論会12)
50回電池討論会13)14)15)

○柳沼雅章,…らは2009年に国立京都国際会館〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン次電池合材スラリーin-situインピーダンス測定よる乾燥プロセス解析ついて報告している16)

学会表面技術協会17)18)

◆化学系学協会連合東北地方大会19)20)
ふみと21)たけだ22)なかい23)
まき24)かわせ25)

電気化学26)
2009電気化学秋季大会27)

立花 和宏 …らは2009年に東京農工大学小金井キャンパス(小金井市中町2-24-16)で開催された2009電気化学秋季大会においてバインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係について報告している28)

伊藤智博,小…らは2009年に東京農工大学小金井キャンパス(小金井市中町2-24-16)で開催された2009電気化学秋季大会においていとうともひろについて報告している29)

◆表面技術協会30)

○柳沼雅章,…らは2009年に幕張 国際会議場葉市美浜区中瀬2-1 で開催された第120回講演大会においてアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってッ化皮膜に置換する過程についてについて報告している31)

○高塚知行,…らは2009年に幕張 国際会議場葉市美浜区中瀬2-1 で開催された第120回講演大会においてリチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係について報告している32)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,学会発表33)
前年度学会発表200834)
卒業研究-電気化学2004,秋季日本化学会東北大会35)

口頭発表の上手なやり方36)

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006_H18@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

液晶場をプローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価
○森田 茉季,楡木 崇仁,高塚 知行,立花 和宏,仁科 辰夫,米竹 孝一郎,電気化学会第77回大会講演要旨集 (1).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (1).

リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (1).

学会&協 > 表面技術協会,学会&協会(任意団体)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

●表面技術協会
立花 和宏, 研究ノート, (1).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

【学会】平成21年度 化学系学協会東北大会@福島県郡山市
立花 和宏, 研究ノート, (1).

結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (1).

In situ電子スピン共鳴法による電気二重層キャパシタにおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価
○伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (1).

結果と考 > 学会発表 > 表面技術協会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってフッ化皮膜に置換する過程について
○柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会講演要旨集 (1).

リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会要旨集 (1).

結果と考 > 学会発表@C1,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

年間計画 > イベント > 秋の行事 > 学会発表 > 秋季:日本化学会東北大会,学会発表と対外発表
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(2緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(3緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006_H18@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(5緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(6緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
(7緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).
(8緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(9緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(10緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(11液晶場をプローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価
○森田 茉季,楡木 崇仁,高塚 知行,立花 和宏,仁科 辰夫,米竹 孝一郎,電気化学会第77回大会講演要旨集 (1).
(12結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(13第50回電池討論会会議.
(14結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(15【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(16リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (1).
(17学会&協 > 表面技術協会,学会&協会(任意団体)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(18●表面技術協会
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(19結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(20【学会】平成21年度 化学系学協会東北大会@福島県郡山市
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(21リチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究
佐藤 史人, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(22交流インピーダンス法によるリチウムイオン二次電池用有機溶媒の評価
武田 浩幸, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(23分散系バインダ中の界面活性剤が有機エネルギーデバイスにおける集電体と溶媒の界面に及ぼす効果
中井 大輔, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(24液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析
森田 茉季, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(25液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池正極活物質および類似酸化物の表面特性評価
川瀬 巧雄, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(26結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(272009年電気化学秋季大会会議.
(28バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (1).
(29In situ電子スピン共鳴法による電気二重層キャパシタにおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価
○伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (1).
(30結果と考 > 学会発表 > 表面技術協会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(31アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってフッ化皮膜に置換する過程について
○柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会講演要旨集 (1).
(32リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会要旨集 (1).
(33結果と考 > 学会発表@C1,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(34緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(35年間計画 > イベント > 秋の行事 > 学会発表 > 秋季:日本化学会東北大会,学会発表と対外発表
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(36 > 口頭発表の上手なやり方
化学同人, 若い研究者のための上手なプレゼンテーションのコツ, 化学同人, , (1993).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 学会発表2009@C1 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2808'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2808 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-20">2019-8-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2808

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.