HOME 教育状況公表 本日
⇒#3571@講義;

  学会発表2011_H23@C1

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2011.html

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(学会発表2011_H23@C1)の親単元は 【2011年度(平成23)卒業研究】 です。

初版
○本田 秋…らは2012年にで開催されたにおいてアルミニウム集電体洗浄する溶剤の種類とリチウムイオン次電池の内部抵抗の関係について報告している1)

電気化学2)

本田,武…らは2011年に朱鷺新潟市 で開催された2011年電気化学秋季大会において導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能について報告している3)

化学学協会連合東北地方大会4)

○及川俊他,…らは2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 開催された平成23年度 化学系学協会東北大会において過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材集電体微小剥離の解析について報告している5)

片山慎吾,本…らは2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 開催された平成23年度 化学系学協会東北大会においてリチウム電池用電解液のカソード分極及ぼすバインダ影響ついて報告している6)

○斎藤純郎…らは2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 開催された平成23年度 化学系学協会東北大会においてフェデレーション技術よる廃棄物処理法電子マニフェストPRTR法物質管理統合システム開発ついて報告している7)

電池討論会8)

武田浩幸,及…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52回電池討論会においてリチウムイオン次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象について報告している9)

本田,川…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52回電池討論会において集電体スラリー間接触抵抗に及ぼすバインダ影響仮題について報告している10)

川田聖人,長…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52回電池討論会においてアルミニウム集電体不働態皮膜修復及ぼすバインダー種類スラリー中炭素含有量の影響について報告している11)

表面技術協会12)

川田清人,立…らは2011年に名古屋大学愛知県名古屋種区不老町開催された表面技術協会第124回講演大会において非水溶液中でのアルミニウムアノード酸化おけるアニオン種類高電場パラメータ関係ついて報告している13)


学会発表2012_H2414)
学会発表201015)
学会発表200916)
学会発表200817)
学会発表200718)
学会発表200619)
学会発表200520)
学会発表200421)
学会発表200322)
学会発表200223)
学会発表200124)
学会発表199925)
学会発表199826)

学会表面技術27)
学会平成23年度化学系学協会東北大会宮城県仙台28)
学会2011年電気化学秋季大会新潟県新潟市29)
学会52回電池討論会東京都江戸川区30)

アルミニウム集電体を洗浄する溶剤の種類とリチウムイオン二次電池の内部抵抗の関係
○本田 千秋,長瀬 将太,川田 聖人,立花 和宏,仁科 辰夫,講演要旨集 (1).

結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能
本田千秋,武田浩幸,八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,松嶋雄太,2011年電気化学秋季大会 講演要旨集 (1).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).

リチウム電池用電解液のカソード分極に及ぼすバインダの影響
片山慎吾,本田千秋,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).

フェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発
○斉藤 純一郎,栗原聖和,伊藤智博,奥山澄雄,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
○武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (1).

アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
本田千秋,及川俊他,佐々木貴史,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集, p.312 (1).

アルミニウム集電体の不働態皮膜修復に及ぼすバインダーの種類とスラリー中炭素含有量の影響
川田聖人,長谷川拓哉,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (1).

結果と考 > 学会発表 > 表面技術協会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

非水溶液中でのアルミニウムのアノード酸化におけるアニオンの種類と高電場パラメータの関係
○川田聖人,柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第124回講演大会講演要旨集, 89 (1).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2012_H24@C1,【2012年度(平成24)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006_H18@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

【学会】表面技術
立花 和宏, 研究ノート, (1).

【学会】平成23年度化学系学協会東北大会@宮城県仙台市
立花 和宏, 研究ノート, (1).

【学会】2011年電気化学秋季大会@新潟県新潟市
立花 和宏, 研究ノート, (1).

【学会】第52回電池討論会@東京都江戸川区
立花 和宏, 研究ノート, (1).

(1アルミニウム集電体を洗浄する溶剤の種類とリチウムイオン二次電池の内部抵抗の関係
○本田 千秋,長瀬 将太,川田 聖人,立花 和宏,仁科 辰夫,講演要旨集 (1).
(2結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(3導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能
本田千秋,武田浩幸,八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,松嶋雄太,2011年電気化学秋季大会 講演要旨集 (1).
(4結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(5過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).
(6リチウム電池用電解液のカソード分極に及ぼすバインダの影響
片山慎吾,本田千秋,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).
(7フェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発
○斉藤 純一郎,栗原聖和,伊藤智博,奥山澄雄,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (1).
(8結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(9リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
○武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (1).
(10アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
本田千秋,及川俊他,佐々木貴史,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集, p.312 (1).
(11アルミニウム集電体の不働態皮膜修復に及ぼすバインダーの種類とスラリー中炭素含有量の影響
川田聖人,長谷川拓哉,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (1).
(12結果と考 > 学会発表 > 表面技術協会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(13非水溶液中でのアルミニウムのアノード酸化におけるアニオンの種類と高電場パラメータの関係
○川田聖人,柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,表面技術協会第124回講演大会講演要旨集, 89 (1).
(14緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2012_H24@C1,【2012年度(平成24)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(15緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(16緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(17緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(18緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(19緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006_H18@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(20緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(21緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(22緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
(23緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).
(24緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(25緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(26緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(27【学会】表面技術
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(28【学会】平成23年度化学系学協会東北大会@宮城県仙台市
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(29【学会】2011年電気化学秋季大会@新潟県新潟市
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(30【学会】第52回電池討論会@東京都江戸川区
立花 和宏, 研究ノート, (1).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 学会発表2011_H23@C1 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3571'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3571 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-3-19">2019-3-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3571

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.