HOME 教育状況公表 本日
⇒#3575@講義;

  学会発表2004@C1

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2004.html

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(学会発表2004@C1)の親単元は 【2004年度(平成16)卒業研究】 です。

初版
立花和宏,○…らは2004年に国立京都国際会館京都市左京区宝ヶ池開催された第45回電池討論会において導電助材及び電池活物質ゴム支持体に均混練したリチウムイオン次電池の正極特性の評価について報告している1)

佐藤和美,仁…らは2004年に国立京都国際会館京都市左京区宝ヶ池開催された第45回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極集電体アルミニウム上の不働態皮膜が内部抵抗に及ぼす影響について報告している2)

○田中智,立…らは2004年に国立京都国際会館京都市左京区宝ヶ池開催された第45回電池討論会においてリチウムイオン次電池における正極合材のバインダーアルミニウム集電体表面接触特性ついて報告している3)

和田久,區友…らは2004年に京都で開催された第45回電池討論会においてITEの新添加剤加えた新しい長寿命鉛電池の中国工場での製造について報告している4)

菅原陸郎,中…らは2004年にで開催された第45回電池討論会において中国のトラ用電池と電気自転車用電池の充放電特性と劣化状態について報告している5)

菅原陸郎,中…らは2004年に京都で開催された第45回電池討論会において障害者老人用の電動車椅子の電池の再生について報告している6)


原啓,立花和…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会においてクエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善について報告している7)

赤峰広規,立…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会においてニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果について報告している8)


及川文成,立…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会において酸化マンガン用いたレドクスキャパシタの特性改善について報告している9)

○加藤正悟,…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会において鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化のその場観察法による可視化について報告している10)


仲宗根亮,田…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会においてPRTR法に対応した化学物質管理公開システムの開発について報告している11)

久保篤嗣,菅…らは2004年に岩手県盛岡市で開催された化学系学協会連合東北地方大会においてリチウムイオン次電池の有機電解液分解に伴うラジカル発生の抑制について報告している12)

奥山澄雄,伊…らは2004年に鳥取大学で開催されたIPC2004において山形大学におけるストリーミング環境の構築について報告している13)

2004平成16年度ノート14)

関連講義
秋の学会申し込み月~15)
学会発表2012_H2416)
学会発表2011_H2317)
学会発表2010_H2218)
学会発表2009_H2119)
学会発表2008_H2020)
学会発表2007_H1921)
学会発表200622)
学会発表200523)
学会発表200424)
学会発表200325)
学会発表200226)
学会発表200127)
学会発表199928)
学会発表199829)
学会発表199630)

学会発表31)
電池討論会32)
電気化学33)
化学学協会連合東北地方大会34)
表面技術協会35)


導電助材及び電池活物質をゴム支持体に均一に混練したリチウムイオン二次電池の正極特性の評価
立花和宏,○大木信典,田中良樹,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形建明,松下卓史,岡本安由,遠藤麻未,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).

リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウム上の不働態皮膜が内部抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,木俣光正,樋口健志,小沢昭弥,尾形健明,第45回電池討論会講演要旨集, pp.558-559 (2004).

リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
○田中智,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第45回電池討論会講演要旨集, pp.556-557 (2004).

ITEの新添加剤を加えた新しい長寿命鉛電池の中国工場での製造
和田久,區友雄,南繁行,菅原陸郎,仁科辰夫,立花和宏,池田章一郎,小沢 昭弥,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).

中国のトラック用電池と電気自転車用電池の充放電特性と劣化状態
菅原陸郎,中川健一,阿曽大輔,立花和宏,仁科辰夫,池田章一郎,岩田義貴,鈴木吏史,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).

障害者を老人用の電動車椅子の電池の再生
菅原陸郎,中川健一,阿曽大輔,立花和宏,仁科辰夫,池田章一郎,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).

クエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善
原啓,立花和宏,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集, 巻:2004 頁:122  (2004).

ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).

二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善
及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).

鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化のその場観察法による可視化
○加藤正悟,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,菅原陸郎,小沢昭弥,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).

PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).

リチウムイオン二次電池の有機電解液分解に伴うラジカル発生の抑制
久保篤嗣,菅野千尋,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).

山形大学におけるストリーミング環境の構築
奥山澄雄,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,鈴木勝人,青木和恵,IPC2004講演要旨集 (2004).

◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

年間計画 > イベント > 秋の学会申し込み(6月~7月),イベント@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2012_H24@C1,【2012年度(平成24)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1996@C1,【1996年度(平成8)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1996).

結果と考 > 学会発表@C1,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

結果と考 > 学会発表 > 表面技術協会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1導電助材及び電池活物質をゴム支持体に均一に混練したリチウムイオン二次電池の正極特性の評価
立花和宏,○大木信典,田中良樹,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形建明,松下卓史,岡本安由,遠藤麻未,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).
(2リチウムイオン二次電池正極集電体アルミニウム上の不働態皮膜が内部抵抗に及ぼす影響
佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,木俣光正,樋口健志,小沢昭弥,尾形健明,第45回電池討論会講演要旨集, pp.558-559 (2004).
(3リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
○田中智,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第45回電池討論会講演要旨集, pp.556-557 (2004).
(4ITEの新添加剤を加えた新しい長寿命鉛電池の中国工場での製造
和田久,區友雄,南繁行,菅原陸郎,仁科辰夫,立花和宏,池田章一郎,小沢 昭弥,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).
(5中国のトラック用電池と電気自転車用電池の充放電特性と劣化状態
菅原陸郎,中川健一,阿曽大輔,立花和宏,仁科辰夫,池田章一郎,岩田義貴,鈴木吏史,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).
(6障害者を老人用の電動車椅子の電池の再生
菅原陸郎,中川健一,阿曽大輔,立花和宏,仁科辰夫,池田章一郎,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).
(7クエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善
原啓,立花和宏,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集, 巻:2004 頁:122  (2004).
(8ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).
(9二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善
及川文成,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).
(10鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化のその場観察法による可視化
○加藤正悟,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,菅原陸郎,小沢昭弥,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).
(11PRTR法に対応した化学物質管理・公開システムの開発
仲宗根亮,田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).
(12リチウムイオン二次電池の有機電解液分解に伴うラジカル発生の抑制
久保篤嗣,菅野千尋,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,化学系9学協会連合東北地方大会講演要旨集 (2004).
(13山形大学におけるストリーミング環境の構築
奥山澄雄,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,鈴木勝人,青木和恵,IPC2004講演要旨集 (2004).
(14◆2004(平成16)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(15年間計画 > イベント > 秋の学会申し込み(6月~7月),イベント@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(16緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2012_H24@C1,【2012年度(平成24)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(17緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(18緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(19緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(20緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(21緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(22緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(23緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(24緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(25緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
(26緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).
(27緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(28緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(29緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(30緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1996@C1,【1996年度(平成8)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1996).
(31結果と考 > 学会発表@C1,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(32結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(33結果と考 > 学会発表 > 電気化学会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(34結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(35結果と考 > 学会発表 > 表面技術協会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 学会発表2004@C1 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2004. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3575'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3575 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-17">2019-9-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3575

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.