HOME 教育状況公表 本日
⇒#2815@講義;

  学会発表2008@C1

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(学会発表2008@C1)の親単元は 【2008年度(平成20)卒業研究】 です。

初版
関連講義卒業研究-電気化学2004,学会発表1)

○遠藤 …らは2008年に近畿大学本部キャンパス(東大阪市小若江3-4-1)で開催された表面技術協会第118回講演大会においてアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響について報告している2)

学会化学学協会連合東北地方大会3)
平成20年度 化学系学協会東北大会4)

重樫起郭…らは2008年に戸工業大学青森県戸市大字妙字大開881で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会においてAlアノード酸化皮膜漏れ電流隔離紙接触及ぼす効果について報告している5)

○藤田 圭介…らは2008年に戸工業大学青森県戸市大字妙字大開881で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会において液晶ディスプレイ材料分子配向及ぼす極性溶媒の添加効果について報告している6)

瀧本亮タキ…らは2008年に戸工業大学(青森県戸市大字妙字大開881で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会において蓄電性ゴム用いたリチウムイオン電池おける短絡防止技術の開発について報告している7)

○玉野佑季,…らは2008年に戸工業大学青森県戸市大字妙字大開881で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会において電解液に有機ゲルマニウム添加した鉛蓄電池の酸素過電圧の濃度依存性について報告している8)

学会電気化学9)
214th Meeting of ECS10)

学会電池討論会11)
49回電池討論会12)

○西川幸秀,…らは2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会においてリチウムイオン次電池のためのフーリエ解析による金チタンアルミニウム正極集電体炭素導電材界面内部抵抗比較ついて報告している13)

学会発表201014)
学会発表200915)
学会発表200816)
学会発表200717)
学会発表200618)
学会発表200519)
学会発表200420)
学会発表200321)
学会発表200222)
学会発表200123)
学会発表199924)
学会発表199825)

関連講義
化学学協会連合東北地方大会26)
日本化学会東北大会27)
卒業研究-電気化学2004,刊行物2008◆H2028)

結果と考 > 学会発表@C1,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響
○遠藤 淳一*2,柳沼 雅章*1,平山 従仕*2,立花 和宏*1,仁科 辰夫*1,表面技術協会第118回講演大会講演要旨集 (2008).

【学会】化学系学協会東北大会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果
○八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).

液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
○藤田圭介,遠藤孝志,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2008).

蓄電性ゴムを用いたリチウムイオン電池における短絡防止技術の開発
○瀧本亮, 立花和宏, 遠藤孝志, 仁科辰夫, 松下卓史, 渡邊剛,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).

電解液に有機ゲルマニウムを添加した鉛蓄電池の酸素過電圧の濃度依存性
○玉野佑季,立花和宏,仁科辰夫,菅原陸郎,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).

【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).

リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

年間計画 > イベント > 秋の行事 > 学会発表 > 秋季:日本化学会東北大会,学会発表と対外発表
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@C1(2008◆H20),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1結果と考 > 学会発表@C1,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響
○遠藤 淳一*2,柳沼 雅章*1,平山 従仕*2,立花 和宏*1,仁科 辰夫*1,表面技術協会第118回講演大会講演要旨集 (2008).
(3【学会】化学系学協会東北大会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(4平成20年度 化学系学協会東北大会会議.
(5Alアノード酸化皮膜の漏れ電流に隔離紙接触が及ぼす効果
○八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).
(6液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
○藤田圭介,遠藤孝志,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2008).
(7蓄電性ゴムを用いたリチウムイオン電池における短絡防止技術の開発
○瀧本亮, 立花和宏, 遠藤孝志, 仁科辰夫, 松下卓史, 渡邊剛,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).
(8電解液に有機ゲルマニウムを添加した鉛蓄電池の酸素過電圧の濃度依存性
○玉野佑季,立花和宏,仁科辰夫,菅原陸郎,平成20年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2008).
(9【学会】電気化学会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(10214th Meeting of ECS会議.
(11【学会】電池討論会
立花 和宏, 研究ノート, (2012).
(12第49回電池討論会会議.
(13リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).
(14緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010◆H22@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(15緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(16緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2008@C1,【2008年度(平成20)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(17緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2007@C1,【2007年度(平成19)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(18緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2006@C1,【2006年度(平成18)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(19緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2005@C1,【2005年度(平成17)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(20緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2004@C1,【2004年度(平成16)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(21緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2003@C1,【2003年度(平成15)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
(22緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2002@C1,【2002年度(平成14)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2002).
(23緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表@C1(2001◆H13),【2001年度(平成13)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2001).
(24緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1999@C1,【1999年度(平成11)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(25緒言(C > C1履歴 > 【199 > 学会発表1998@C1,【1998年度(平成10)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(26結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).
(27年間計画 > イベント > 秋の行事 > 学会発表 > 秋季:日本化学会東北大会,学会発表と対外発表
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(28結果と考 > 論文・報 > 刊行物@C1(2008◆H20),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 学会発表2008@C1 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2815'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2815 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-11-16">2018-11-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2815

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.