HOME 教育状況公表 本日
⇒#1295@講義;

  アルミニウムの陽極酸化(アルマイト加工)

遠藤 昌敏
/amenity/~host/yz/c1/Education/EChem.asp

この 講義 無機・分析化学応用実験 の単元です。 この講義(アルミニウムの陽極酸化(アルマイト加工) )の親単元は 表面加工とエネルギー変換 です。

初版

製品美しく着色されたアルミニウム

試料極アルミニウムイヤ用いるアルミニウム測定直前に研磨後0.1M NaOHでアルカリ前処理行い水で分に洗浄する電解液0.1M H2SO4用い対極アルミニウムイヤ用いて定電流10mAcm2通電し電位時間曲線クロノポテンショグラム測定する電流監視し常に定になるように抵抗尺操作するカレントフォロア電流分割使うか後述設問のガルバノスタ使うこと推奨するそのときの電位エレクトロメータで読み取るアノード酸化が終ったら加温したコンゴーレ(50mg/10mL)アニリンブルー溶液(50mg/10mL)浸漬し酸化していないアルミニウムイヤ着色状態比較するまたAl-PETフィルム紙やすりで磨き清浄な面露出させ同様に染色加工しメタリクピンクおよびメタリクブルーフィルム作成する

Al/H2SO4/Al

?設問電流定にする操作自動的に行うにはどのような回路使えば良いか?

?設問硫酸の替わりにアジピンアンモニウムホウ用いた場合にはどんな工業製品に応用できるか?金属バット1)

   

電解セルの組み立て左図 時間-電位曲線の測定中央図 染色されたアルミニウム右図

材料

アルミニウム2)硫酸3)

アルミニウムアノード酸化⇒#477@反応;4)

関連書籍

アルマイト ジュラルミン 飛行機 自動車
出典:
アルミニウム
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. 数研出版, p.100. ) 5)

コンデンサとはどんなものか
コンデンサという言葉
コンデンサの概念作用用途
コンデンサの種類
普通のコンデンサ
電解コンデンサ1)
電気二重層コンデンサ
半導体コンデンサ
コンデンサ

電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ目次2)

(1 > 電解コンデンサ
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(2 > 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ(目次)
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).

出典:
コンデンサとはどんなものか
(永田伊佐也. 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ. 日本蓄電器工業株式会社, . ) 6)

アノード処理エッチング

表面処理の目的と用途
めっき
アノード処理チング
p.149
2Al + 3H2O  Al2O3 + 6H+ +6e-1)
Al2O3 + 6H+  2Al3+ + 3H2O2)
塗装
化学処理
泳動電着
表面硬化
化学修飾
電鋳

出典:
表面処理の目的と用途
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 7)

アルミニウムの不働態化とサイクリックボルタモグラムの基礎8)

関連講義無機化学実験,工業化学への応用電池アノード酸化エッチングディスプレイ2009工業化学への応用(電池,アノード酸化,エッチング,ディスプレイ)(2009)9)


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> アルミニウムの陽極酸化(アルマイト加工) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=9230'> 無機・分析化学応用実験 <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1295'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1295 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-19">2019-10-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1295

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.